•  

【天皇だって、猫がお好き】平安時代の猫好き天皇。宇多天皇の愛猫べた褒めツンデレ日記とは?

更新日:2019年12月31日






突然ですが、あなたは猫がお好きですか?



猫ブームが到来して久しい今日この頃。



自分もきっての猫好きで、街中でのんびりしている猫を見つけるとついつい足を止めてしまいます。



あのハッキリとした顔立ちに愛くるしいフォルム、さらには自由奔放でマイペースな性格に時折見せるツンデレ具合。



むさ苦しい昨今の世を生きる我々現代人の中でも多くの方が、猫のこの悪魔的な魅力にどハマりしてしまっていますが、



どうやら猫の魅力に傾倒してしまうのは、我々現代人に限った話ではないようです。



というのも、1000年以上も前の時代――平安時代真っただ中の日本でも、この生き物のトリコになってしまった人物がいたといいます。



猫の魅力というのは、時代を超えて愛される、普遍的なものなのかもしれません。







今回は歴史の講義からちょっと箸休め。



異常なほどまでに猫を愛してしまった平安時代の2人の天皇に焦点を当て、そのエピソードを紹介していきたいと思います!



堅苦しい話ではまったくございませんので、肩の力を抜いて、お楽しみくださいませ。



目次―

1.猫好き界隈で有名な宇多天皇

2.日本最古の愛猫ベタ褒めツンデレ日記『宇多天皇御記』

3.宇多天皇と愛猫との関係性は?








1.猫好き界隈で有名な宇多天皇



「ウチの子こそが一番かわいい!」。