•  

桓武天皇が遷都先を「京都」に選んだ理由は?【理由を解説】

更新日:7月5日







いよいよ奈良時代が終わり、平安時代が訪れます。



長い長い400年間の始まりです。平安時代は大変混沌の時代ですので、この時代を苦手に思われる方も少なくありません。



平安時代を大きく概観した記事については、また別のをご用意したので、ぜひそちらをご覧ください。



本記事のテーマは「遷都」です。



桓武天皇は「なぜ」遷都を行ったのかということに関しては、ご存じの方も多いかと思われます。



しかし、その遷都の先が「なぜ京都」であったのかということに関してまで知っている方は、意外と少ないのではないでしょうか。



今回は、そもそも桓武天皇はなぜ遷都を行ったのかをまとめるとともに、桓武天皇が選んだ遷都先が京都であった理由まで、ちょっと深く掘り下げて解説していきたいと思います!



教材「平安時代① 桓武天皇による律令制の再建」ダウンロードはコチラから!!



目次―

1.まずは奈良時代後期の軽い復習から

2.遷都の理由① ‘‘新王朝‘‘天智系皇室の威厳を見せつける

3.遷都の理由② 奈良仏教勢力の政治介入を排除

4.京都である理由① 水陸交通の利便性を追求

5.京都である理由② 秦氏の財力を期待





1. まずは奈良時代晩期の軽い復習から


さて、まずは軽ーく復習から。



前回までに述べた通り、奈良時代は激しい権力闘争が繰り返され、政権担当者がコロコロと変わっていく混沌の時代でした。



政権を担当した7人の名前と、ともに政治を運営した同じく7人の天皇の名前も、簡単に復習しておきましょう。

4人の藤原に3人が挟まれているのでしたね。



本記事で復習するのは道鏡以降です。



奈良時代晩期、女性天皇であった称徳天皇の寵愛を受けた道鏡という名のお坊さんが現れて、政権を掌握しました。



道鏡はいわゆる ‘‘南都六宗‘‘ の一つ、法相宗の僧侶でした。奈良仏教ですね。



もちろん、たとえ政権を握ったのがお坊さんであったとしても、徳に溢れた善政を行ってくれればそれでよかったのですが、そうはいきませんでした。



絶大な権力を得た道鏡は、仏教を中心とした強硬的な政治を行ってしまったのです。



朝廷の要職も道鏡と縁のある人物が占めるようになり、権力と欲にまみれた朝廷政治は大きく腐敗してしまいました。



孝謙上皇が重祚して即位した称徳天皇が絶大な権力を持っていたために、その寵愛を受けていた道鏡はめちゃくちゃな政治を行うことができたわけですね。



ところが、その全盛もあっさり終わりを迎えてしまいます。きっかけは宇佐八幡宮信託事件です。



この事件ののちに、道鏡の権勢は徐々に失速し、後ろ盾であった称徳天皇が崩御したことに伴って完全に失脚してしまいました。



その後道鏡は下野国の薬師寺という寺に左遷され、そこで生涯を終えたとされています。






さて、称徳天皇の死後、藤川百川らは次の天皇候補として白壁王という名の男を擁立し、これを天皇とすることに成功します。



光仁天皇の誕生です。



この天皇の即位は日本の歴史において大きなターニングポイントとなります。



天武系の皇統に代わり、天智系の皇統が復活した」。ここ、すごく重要です。








遷都の理由① ‘‘新王朝‘‘天智系皇室の威厳を見せつける


さて、天武系の皇統に代わり、天智系の皇統が復活したという事実を、桓武天皇は非常に重要視しました。



桓武天皇は、天武系皇室から天智系皇室へのこの皇統交代を、中国の王朝交代と同義のものとして捉えていたと言われています。



桓武天皇の‘‘新王朝‘‘意識は、785年に「郊祀」と呼ばれる一事業を執り行ったことにも表れています。



郊祀とは、中国の皇帝が行っていた、その王朝を築いた最初の皇帝を始祖として祭る儀式のことです。



桓武天皇は父である光仁天皇を、あたかも”新王朝”の始祖であるかのように祭り、‘‘新王朝‘‘の成立とその正当性を宣言しようとたのでした。



さて、それほどまでに‘‘新王朝‘‘意識を強くもつ桓武天皇のことですから、旧王朝=天武系皇統の天皇の築いた京は正直あまり使いたくないでしょう。



そして、大変な労働力・経済力を伴う遷都事業を敢行することで、‘‘新王朝‘‘としての威厳を見せつけることもできます。



このような背景もあり、桓武天皇は心機一転、新たな都への遷都を決めたのでした。



(別の階にて詳しくお話ししますが、‘‘新王朝‘‘として新たな日本を形成していこうとする桓武天皇の意識は、東北への支配拡大を意図した蝦夷征討諸改革による律令制の再建にも見て取れます。)





遷都の理由② 奈良仏教勢力の政治介入を排除


また、先に述べた通り、奈良時代晩期の政治はお坊さんにめちゃくちゃにされたのでした。



それ以前にも、例えば道鏡より前の時代には、熱狂的な仏教信者であった聖武天皇が大規模な造寺造仏を繰り返し、そのために朝廷財政は圧迫され民衆も疲弊してしまったという黒歴史があります。



言い換えれば奈良時代後半は奈良仏教に振り回された時代であったのですね。