•  

【論述対策】平安時代における律令制の弛緩&崩壊に対する朝廷の対応【桓武天皇の改革・直営田の設置・醍醐天皇の改革】





飛鳥時代末期より徐々に成立してきたとされる律令制ですが、奈良時代の半ば頃から少しづつ弛緩していったと言われています。



理由は、律令制の根幹を支える存在である農民たちに対して、朝廷があまりに大きな負担をかけすぎたからです。



律令体制下において、ピラミッド構造の最下層かつ最多数を構成する農民たちは、租・調・庸・雑徭・兵役・・・などなど多種多様な課役を負担したのですが、



この負担があまりに大きすぎたために、生活に困窮した農民たちの間では、偽籍浮浪逃亡私度僧といった納税忌避手段が一般化し、



そのために、国家は、戸籍計帳に基づいた人民の把握が困難となり、「公民制」が崩壊してしまったのでした。



そして、公民制の崩壊は同時に、口分田の荒廃にも繋がっていき、さらにそこに自然災害の多発や人口の増加も相まってしまったために、



全国的に口分田の不足が見られたといいます。



これを受け、なんとかして開墾地を増やそうとした朝廷は、「三世一身法」や「墾田永年私財法」といった法令を制定し、農民たちに開墾を促しました。



これにより、確かに開墾地は増えましたが、代償として農民たちに土地の私有を認めたために、「公地制」まで崩壊することとなってしまいます。



以上みたように、大化の改新以来目指されてきた律令制の基本理念である ‘‘公地公民‘‘ は、奈良時代の半ばごろから崩壊し、



それに伴い、律令制も次第に弛緩(しかん)していくようになったのでした。







さて、時代は流れて、今回の記事は平安時代のお話です。



朝廷たちは、律令制が解体していきつつあるのを、ただ黙ってみていたのでしょうか。



そんなことはありません。



だんだんと進行していく律令制の瓦解をなんとかしようと止めようと、朝廷も大いに奮闘しています。



今回の記事では、【平安時代前期~中期における、律令制の崩壊に対する朝廷の対応】について、まとめていきたいと思います!



目次―

1.農民の階層分化の進行と朝廷の財政難

2.朝廷の対応① 桓武天皇の改革

3.朝廷の対応② 直営田の設置

4.朝廷の対応③ 醍醐天皇の改革






1.農民の階層分化の進行と朝廷の財政難



8 世紀半ばごろから 9 世紀にかけても、貧農民による偽籍、浮浪・逃亡はますます増加し、戸籍と計帳はどんどん形骸化していきます。



これにより、戸籍・計帳に基づいた班田は困難となり、班田性は衰退していきました



一方で同じ頃、私出挙や税を払えない貧農民の代わりに、それらを肩代わりするなどといった行為を通して、



有力農民が貧農民を支配するようになっていったといいます。



これらの有力農民は口分田を集積して、それらを私有地化し、さらに新たに開墾地も設けるなどしてさらに力をつけ、



‘‘富豪の輩(ともがら)‘‘と呼ばれる富農層へと成長していきました。



このように、8 世紀半ばごろから 9 世紀にかけて、困窮した貧農民の間で偽籍、浮浪・逃亡が増加した一方で、



新たに有力農民層が生まれるなど、農民の間に貧富の差が生まれ、階層分化が進行していったのです。



お金を持っていない貧農民層はまだしも、経済力・影響力を持った富農層の存在は、



農民支配という観点において、朝廷にとっては非常に都合の悪い存在です。



朝廷による農民支配は、ますます上手く機能しなくなり、律令制は激しく動揺していくのでした。







さらに、公地公民制の崩壊は、政府の税収も減少をも意味しました。



律令に規定された農民の諸負担は、成人男性(とくに正丁)に偏重していましたことはこれまで別の記事でも繰り返し述べてきたことですが、



このために、調・庸・雑徭など課役を逃れるべく、男性が生まれた場合には、戸籍・計帳を作る際の申告で性別や年齢を偽ったり、



さらには、本人が自ら浮浪・逃亡などを実行し、本籍地から逃げてしまうことが多々ありました。



律令制において調・庸・雑徭などを負担した人々は「課口(課丁)」と呼ばれていましたが、



偽籍、浮浪・逃亡が増加したことによって、課口(課丁)の把握が困難となってしまったために、



本来朝廷に納められるべきであるはずの調・庸の収入が少なくなってしまったのでした。



こうして、朝廷は慢性的な財政難に見舞われるようになります



もちろん財政難に陥った背景として、他にも聖武天皇による大仏造立や遷都の頻発など、支出が大いに増加していたことも挙げられますが、



一方で、そ政府の主要な収入源の一つであった調・庸が減少していたことによって、そもそも収入自体も減少していたため、



政府の財政状況は、ジワジワと悪化の一途を辿っていたのです。