•  

【論述対策】嵯峨天皇の諸政策について解説!検非違使とは?その役割や権限の変遷は?【検非違使】

更新日:2021年7月12日





薬子の変(平城太上天皇の変)を平定して、嵯峨天皇はようやく、その政権を安定させることに成功します。



そして、いよいよここから、嵯峨天皇は本格的な諸改革を実行していくことになるのです。



平安時代最初期のこの時期は、桓武天皇・嵯峨天皇の両天皇が自ら政治改革を牽引した時代であるのですが、



嵯峨天皇の治世を一言で表すならば、桓武天皇が再建した律令制を補強することを目指した政治であると言えましょう。



今回の記事では、前半では嵯峨天皇が行った政治改革や、文化人としての偉業を解説するとともに、後半では嵯峨天皇が行った諸政策の中で最も有名かつ入試でも頻出の「検非違使」をテーマにして、詳しく解説していきたいと思います!



⇓⇓⇓当記事に該当する授業ノート(PDF版)のダウンロードはコチラ!

授業ノート(PDF版)【平安時代② 『嵯峨天皇による律令制の補強』】




目次―

1.初めの混乱期。「薬子の変」について軽く復習。

2.嵯峨天皇が行った改革は?

3.文化人嵯峨天皇と「弘仁・貞観文化」

4.「検非違使」とは?その役割は?







 

1.初めの混乱期。「薬子の変」について軽く復習。

 


嵯峨天皇が政権を安定させることができるに至った過程を、ごく簡単に復習します。



桓武天皇の後に平城天皇が即位したのですが、もともと病弱であった彼は病気の悪化を理由に、すぐに弟へと譲位をしてしまいます。



こうして即位したのが嵯峨天皇でした。



譲位した平城上皇は平城旧都に移り、当初はおとなしくしていたのですが、しばらくするうちにどうやら病気が治ってしまったそうです。



それを見た藤原薬子・仲成兄妹(式家)が、平城上皇の皇位復活(重祚)と平城京への還都を画策して同上皇に働きかけ、彼女らの思いを汲んだ平城上皇は嵯峨天皇がいるのにも関わらず、しばしば国政に介入するようになったのでした。



トップクラスの権力者が2人もいる、いわゆる‘‘二所朝廷‘‘の様を呈するようになってしまった平安の世は大きく混乱し、政治も乱れてしまいます。



当然ながら嵯峨天皇・平城上皇の対立は徐々に深まっていったのですが、810年、堪忍袋の緒が切れた嵯峨天皇はついに行動を起こしました。



平城上皇が平城京還都の詔勅を出したことをきっかけに、藤原薬子・仲成兄妹を徹底的に弾圧したのです。



この政変(「薬子の変(平城太上天皇の変)」)の過程で、薬子は服毒自殺し仲成は射殺されたのですが、この兄妹の死去により完全に重祚の夢が断たれた平城上皇が出家することによって、一連の政治的混乱はようやく終焉を迎えました。



こうして、嵯峨天皇はようやく自分の政権を安定させることができたのです。



⇓⇓⇓「薬子の変(平城太上天皇の変)」についてもっと復習したい方はコチラ!

【論述対策】薬子の変はどのようにして発生した?その過程は?歴史的意義は?【徹底解説】




 

2.嵯峨天皇が行った改革は?

 


薬子の乱後、政権を安定させることに成功した嵯峨天皇は、諸政策をどんどん打ち出し、

桓武天皇が再建しようとした律令制の補強を図ります



嵯峨天皇は具体的にどのような政策を行ったのでしょうか。



黒板をご覧ください。






桓武天皇よりは多くないかなっていう印象ですね。



桓武天皇の諸政策と嵯峨天皇の諸政策は、よく同時に学習されることも多いので、比較されてみるとよいでしょう。



⇓⇓⇓桓武天皇の諸政策について復習したい方はコチラ!

【桓武天皇の諸政策について解説】なぜ勘解由使の設置が地方政治の引き締めに繋がるの?【勘解由使】







嵯峨天皇は、桓武天皇が「徳政論争(徳政相論)」によって中断していた蝦夷の征討を再び行いました。811年のことです。



このときに派遣された征夷大将軍は文室綿麻呂(ふんやのわたまろ)でした。



漢字、めちゃくちゃ注意です。



綿麻呂の遠征は北方の蝦夷を攻撃することを目的としたものであったそうですが、綿麻呂は実際に本州最北端の地まで至り、そしてこれを平定することに成功したと言われています。



朝廷によって約200年にわたって行われてきた蝦夷の征討事業は、嵯峨天皇の時に一応の達成を見たのです。



難関大受験生向けのちょっと発展的な知識ですが、この遠征後815年には、志波城よりも南の位置に徳丹城が建てられたことにも触れておきます。



どうやら志波城がその地理的条件上、度々洪水の被害を被っていたこともあり、その機能を別の場所に移す必要があったというのが背景であるようです。



⇓⇓⇓蝦夷征討について復習したい方はコチラ!

【年表付き!蝦夷征討完全まとめ】 蝦夷征討の過程は?そもそもなぜ行われた?【-後編-】






嵯峨天皇のときに行われた政策として、もう一つ有名なのが「弘仁格式」の編纂です。



律・令・格・式それぞれの違いについてきちんと説明できますでしょうか。



律とは、今で言う刑法に当たる法律です。



令とは、刑法以外の一般法全般のこと。行政法や民法など、幅広い範囲の法律を含んでいます。


当初、朝廷はこの律と令のみ制定して政治を行おうとしたのですが、だんだんと時代の流れにそぐわないような場面が出てくるようになります。



そのように新たな判例やケースが登場した際には、必要に応じて、奈良時代より律や令を補完するための追加法として「格」が制定されてきました。



現代だって同じです。現状に合っていない法律は日々改正され、そして新たな法律が追加されていきますよね。



最後に、「式」は、これら律・令・格の施行細則をまとめたものでございます。



要は、これらの法律を施行する上で必要なことを定めた細かいルールのようなものだと捉えていただければよいでしょう。



さて、ここまで述べた通り、古代の日本では律や令のほかにも格や式が折々制定されていたのですが、平安時代のこの頃になると、だんだん数が増えてきて煩雑になってしまいました。



そこで、嵯峨天皇はこれらの法律を分かりやすくまとめることにしたのです。



こうして嵯峨天皇のもとで、『弘仁格式』が編纂されたのでした。



もう一つポイントとして、後の淳和天皇のもとで編纂された『貞観格式』、醍醐天皇のもとで編纂された『延喜格式』ともに、弘仁格式は ‘‘三大格式‘‘ の一つとされていることも押さえておくとよいでしょう。




 

3.文化人嵯峨天皇と「弘仁・貞観文化」

 


嵯峨天皇の時代は、桓武天皇以来の律令制再建の努力がある程度成果となって現れた時代であり、それに伴って宮廷を中心に唐風の文化が大いに栄えた時代でありました。



そして、今後約100年にわたって「弘仁・貞観文化」と呼ばれる文化が花開くこととなるのですが、文化人として唐の文化に精通していた嵯峨天皇もこの隆盛の一端を担ったといいます。



文化史においても出題される知識であるので、復習がてらここで一度確認しておきましょう。



例えば、書道に優れていた嵯峨天皇は、空海や橘逸勢とともに ‘‘三筆‘‘ の一人に数えられています



また、この時代には漢文学の隆盛も起こったことも大事です。



漢文学の隆盛を示す文化財として、814年には小野岑守凌雲集が、818年には藤原冬嗣文華秀麗集が相次いで成立しましたが、これらの勅撰漢詩文集は嵯峨天皇の勅命により編纂されたものでした。





 

4.「検非違使」とは?その役割は?

 


最後に、嵯峨天皇が行った諸政策として、もっとも有名かつ大事な「検非違使」の設置について触れていきたいと思います。



そもそも検非違使とは何なのか。



教科書的な定義を今一度確認すると、京都内で殺人・強盗などの罪を犯した人物を逮捕する役割を担った官職であったと表現されています。



京都の治安維持を目的とした警察のような任務を行っていたのです。



「非違」とは、違法や不法のことを指す言葉なのですが、この「非違」を「検察」する役職であるといいうことから、「検非違使」の名前が付けられたと言います。



平安時代に設置されたのですから、これももちろん、令外官の一つです。







検非違使で大事なポイントは、だんだんとその職務が拡大されていったことにあります。



他の官庁の役割を奪っていくことで、検非違使は少しづつその権限を強めていったのです。



律令体制下において置かれていた中央の組織は、‘‘二官八省一台五衛府‘‘ と表現されるように、2つの官(神祇官太政官)と弾正台五衛府から構成されていました。



そして、太政官の下の方に、八省がくっついているのでしたね。



⇓⇓⇓律令体制下の政治機構について復習したい方はコチラ!

PDF版ノート【飛鳥時代④「律令国家の機構と諸制度(1)」】



先ほど述べた通り、検非違使は当初、京都における犯罪や風俗の取り締まりを行うことを役割としていました。



しかし、京都の治安維持をしていたというこの職掌により、検非違使はどんどんその役割を拡大していきます。



まず、行政や律令官人の監視・監察の職務を担っていた弾正台から、その機能を吸収していきました



さらに、だんだんとその職務を拡大していき、やがて訴訟や裁判事務までも扱うようになっていったといいます。(悪い人を捕まえて、そのまま自ら訴訟や裁判までおこなってしまうのですから、当然のことながらその権力は強大化していきます。)



八省のうち裁判の管理や刑罰を扱っていた省に刑部省というものがありましたが、検非違使は訴訟・裁判へとその権限を広げたためにこの刑部省の職掌をも奪っていき、その後、ついには京都内における行政・司法を統轄していた京職の権限までをも奪ってしまったといいます。



三権分立が確立されている現代では考えられないような事態です。



言ってみれば検非違使は、警察&裁判所を兼ねた存在となってしまったのです。



このように、もとは一つの警察組織にすぎなかった検非違使は、だんだんと他の官庁の職掌を奪っていき、次第に強大な権力をふるうようになっていったのでした。







しかし、この検非違使が威勢をふるうことができたのも、平安時代の半ば頃まででした。



平安時代も末期、いわゆる院政期の時代になると、院政における軍事組織であった北面の武士の登場により検非違使の権限は徐々に弱体化していきます。



その後鎌倉時代に、鎌倉幕府が京都に六波羅探題を設置すると検非違使の職務は有名無実化し、更に後の室町幕府によって京都に設置された侍所によって、検非違使はその権限を完全に掌握されてしまったといいます。



武士が勃興して大きな勢力を持つような世の中になり、検非違使は衰退していったのです。



以上、検非違使の役割やその権限・職掌の変遷について述べてきました。



検非違使は入試において非常にポピュラーであり、記述のみならず論述問題でも様々な切り口で問われることが多いテーマなので、もう一度復習してもらえると幸いです。




 
いかがでしたか?

今回の記事では嵯峨天皇が行ってきた諸政策と、その中でも特に重要な「検非違使」について紹介しました。



桓武・嵯峨天皇は、後世の時代においても評価の高い天皇であり、入試でも非常にポピュラーな人物であります。



平安時代の初期を語る上でなくてはならない大切な人物ですので、よく復習してもらえると幸いです。







0件のコメント
サイト内の語句検索はコチラから
サイト内の語句検索はコチラから