•  

【藤原頼通の不遇な人生】栄華一転、摂関政治はなぜ終焉したのか。外寇や地方反乱まで頼通の時代に起こった出来事を解説!【平等院鳳凰堂】






さて、これまでの記事で繰り返し述べてきたことではありますが、藤原氏内部における‘‘氏の長者‘‘争いは、最終的に道長の一人勝ちに終わり、




藤原摂関政治および藤原摂関家は藤原道長・頼通父子のときに全盛期を迎えることとなります。




今回は、藤原頼通についてのお話です。




あまりに偉大な道長の息子として、難しい政治の運営を迫られることになった頼通は、強運の持ち主であった道長と比べてなんとも運がなく、




そしてその時代もなかなかに不遇なものでありました。




今回は、そんな不遇であった藤原頼通の時代について、さらには全盛を迎えた道長・頼通の時代の後に一転して摂関政治が衰退・終焉を迎えることになってしまった背景について、




順番に分かりやすく解説していきます!



⇓⇓⇓該当する授業ノートはコチラから!

授業ノート(PDF版)【平安時代⑨ 摂関政治の全盛―藤原道長と頼通―】



⇓⇓⇓前回の記事、‘‘氏の長者争い‘‘や藤原道長に関する記事はコチラから!

【氏の長者争い-前編-】兼通VS兼家の摂関の地位をめぐる対立。藤原氏のトップはどのように変遷した?【徹底解説】

【氏の長者争い-後編-】道隆VS道兼、道長VS伊周。栄華を極めた藤原道長の人生。その政策は?なぜ道長は関白にならなかった?【徹底解説】




○目次―

1.偉大なる父・道長と比較されがちな不遇な頼通の人生

2.外寇の発生。「刀伊の入寇」と朝廷の対応

3.地方反乱の発生。「平忠常の乱」と「前九年合戦」

4.頼通の功績といえばコレ!平等院鳳凰堂の建立

5.頼通最大の不幸。皇子の不在と摂関政治の終焉。








1.偉大なる父・道長と比較されがちな不遇な頼通の人生



1017年に道長から摂政とともに氏の長者の地位を譲られた頼通は、ここから本格的に政界へと飛び込んでいくことになります。




当時頼通は27歳の若さでした。




藤原氏の長い歴史の中でも、最年少の若さで摂政に就任したことになります。




しかし、さすがにそのように若い頼通に政治の全権を任せるわけにはいかず、道長が死ぬまでの間、道長がその政治をしばらく陰で支えていきました。




頼通はその後約50年間にわたり、後一条天皇・後朱雀天皇・後冷泉天皇の 3 代にわたって摂政や関白の座を維持し、




道長の死後は名実ともに権力の頂点に君臨し続け、摂関政治の全盛期を維持することに成功したのです。




と、このように書けば、道長の子である頼通もさぞ立派な人物であったのだという印象を受けますが、




では実際に頼通が歴史的・政治的に見てどのような功績を上げたかというと、実はほとんどないんですよね。




たしかに、父であった道長と比べて頼通の知名度はイマイチ高くないような気がします。




父道長は激しい氏の長者争いを制した後、‘‘一家三立后‘‘を達成して藤原氏の全盛期を築き上げたもの凄い人物でありました。




しかし、このような権勢が築き上げられてしまった以上、もはや頼通には自ら成し遂げられるようなことは何も残されていなかったのです。




頼通にできたことといえばただひとつ。




父道長が築き上げた藤原氏全盛を維持する。




すなわち現状維持に努める。これだけでした。




もちろん藤原氏の全盛期を維持したというだけでももの凄いことではありますが、父道長の功績が偉大すぎるあまり、




そういった意味で頼通は、常に道長の影に隠れがちで、イマイチ不遇な存在であるといえそうです。







さて、頼通にとって不幸であったのは、頼通の時代になってからというもの、それまでの道長の時代までにはなかった問題が次々と浮上してきてしまったことにあります。




摂関政治期の時代の特徴について簡単に復習します。




摂関全盛期においては基本的に、先例や儀式が重視された形式的な政治が繰り返される一方であり、




さらに平安貴族たちに「よりよい政治を行って日本をよくしていこう!」といった意識は全くなく、その関心は個人や子孫の栄達に執着していました。