•  

【藤原摂関政治】「摂関政治」完全まとめ。その特徴・仕組み・経済基盤など分かりやすく解説!【論述対策】





今日のテーマは、ズバリ藤原氏による「摂関政治」です!



安和の変ののち、摂関の(ほぼ)常置体制が築かれ、藤原氏北家による摂関政治の全盛期が訪れるのですが、



この摂関政治は一体どのような特徴を持つ政治形態であり、一体どのように運営されていたのか、



これを明確に文章で表現でできる受験生は非常に少ないです。



しかしながら、実は、摂関政治は大学受験日本史における論述問題で非常に頻出のテーマであります。



なぜなら、「摂関政治」という分野だけで、運営の仕組みやその特徴、経済基盤などなど様々な問い方ができるからです。



さらに、摂関政治の論述問題においては、それを実際に運営した藤原氏の名前(道長、頼通など)や、



それにまつわる単語(摂政、関白、外戚政策など)を知っているだけではなかなか十分な回答を作ることができず、



そういった点で試験本番までに行ってきた学習の質や量を背景に、各受験生の間で大きな差がつく分野であるからです。



これらを念頭に置いたうえで、今回は「摂関政治」をテーマに、その仕組みや特徴、経済基盤などを論述問題対策を踏まえながら解説していきます!



⇓⇓⇓以下の記事なども大いに関連していますので、ぜひ一緒に復習していただけると幸いです。

【理由・仕組みを解説!】なぜ藤原氏は外戚政策を行うことで摂政・関白となれたのか?【ポイントは‘‘妻問婚‘‘】【サザエさんで考えろ!?】

【論述対策】藤原氏北家が台頭・発展できたのはなぜか?その策略は?契機は?



⇓⇓⇓当講義に該当する授業ノートはコチラから!

授業ノート(PDF版)【平安時代⑨ 摂関政治の全盛—藤原道長と頼通―】



目次―

1.摂関政治の特徴①:外戚政策の実施

2.摂関政治の特徴②:律令の枠内で展開

3.摂関政治の特徴③:先例・儀式重視の形式的な政治

4.摂関政治・摂関家の経済基盤








1.摂関政治の特徴①:外戚政策の実施



摂関政治を特徴づける第一の要素は、もちろん「外戚政策」です。



摂関政治を学修する際に必ず登場する単語ですから、その内容についてもだいたいお分かりかと思います。



教科書にはよく、「藤原氏は外戚政策を行うことで、天皇の摂政・関白となって政治の実権を握った」などと表記されています。



実際この記述は正しく、それ自体はみなさんよく理解されているところだと思われますが、



それでは、そもそもなぜ、藤原氏は外戚政策を行っただけで摂政・関白になれたのでしょうか。



そして、なぜ天皇家と外戚関係を構築することが、政治の実権の掌握に繋がったのでしょうか。







外戚政策について、まずもう一度、一から定義を確認してみましょう。



外戚政策は藤原氏北家だけでなく、古代より物部氏、蘇我氏、大伴氏など様々な氏族によって行われてきたものです。



自分の娘を天皇の后にし、生まれた皇子を次期天皇に据えることで、天皇の外祖父として摂政・関白の地位について政治の実権を握ろうとする政策のことを指しています。



(外祖父とは、ある人から見てその母親の父にあたる人物を指しています。)



では、どうして外祖父は、天皇の摂政・関白となりえたのでしょうか。



そのポイントは、古代から平安時代まで行われていたとされる「妻問婚」と呼ばれる婚姻形態にあります。



妻問婚とは、夫婦が結婚後も同居せず、夫が妻の実家に夜な夜な訪れることで関係が維持されるという婚姻形態です。



この家族形態のもとでは、妻が妊娠しやがて子供が生まれると、その子供は妻の実家で養育されるのが普通でした。



つまり、妻問婚に則った平安時代の世の中では、藤原氏を母に持つ天皇の皇子は妻の実家(すなわち藤原氏北家の家)で育てられたのです。



妻の実家なのですから、妻の父親も同じ家に住んでいます。生まれた皇子にとっては祖父ですね。



そうです、摂関政治を行うべく自分の娘を天皇に嫁がせた、あの外祖父も同じ家に住んでいるわけであります。



のちに天皇となるべき大事な子供ですからね、それはそれは、外祖父=おじいちゃんからも大切に育てられることでしょう。



やがてその皇子は、即位した後に、自分が小さい頃から見守ってきてくれた外祖父=おじいちゃんを摂政・関白に任命するわけであります。



この任命が進んで行われのか、はたまた嫌々行われたのかは、それぞれの外祖父と孫次第ですが、



いずれにしても、このように藤原氏の家のもとで育った皇子が、天皇となったのちも藤原氏の意向に従う・従わざるを得ないというのは、ある意味当然のことと言えるでしょう。



藤原氏が外祖父として権力を握ることができたのには、このような背景があったのです。



⇓⇓⇓「外戚政策」の仕組みや分かりやすい具体例、詳しくは以下の記事から!

【理由・仕組みを解説!】なぜ藤原氏は外戚政策を行うことで摂政・関白となれたのか?【ポイントは‘‘妻問婚‘‘】【サザエさんで考えろ!?】





2.摂関政治の特徴②:律令の枠内で展開