•  

【良房の陰謀】承和の変はなぜ発生した?真の目的は恒貞親王の排斥?【理由を解説】

更新日:2021年7月12日




(画像は、左:藤原良房 右:恒貞親王)





さて、嵯峨天皇による改革が行われた次には、いよいよ藤原氏北家が活躍する時代が訪れます。



平安時代2つめの時期区分である、【藤原摂関家の台頭の時期―藤原氏北家による摂関政治の始まり】の到来です。



⇓⇓⇓混沌の平安時代をわかりやすくまとめた、平安時代概観についての記事はコチラです!

平安時代概観!約400年間続く混沌の平安時代を分かりやすくまとめてみる【実は6つの時期に区分できます】



薬子の変に際し、嵯峨天皇は機密事項を扱う蔵人所と呼ばれる役所を設置したのですが、その長である蔵人頭に藤原冬嗣が任命され嵯峨天皇のもとで活躍したことが、藤原氏北家台頭のキッカケでした。



以後、政権の中心は冬嗣の子の良房、その子の基経・・・と続いていき、道長頼通父子のときに、藤原氏北家は全盛期を迎えることになるのです。



冬嗣が北家台頭の契機となる人物であるならば、その跡を継いだ良房は北家全盛の礎を築いた人物であると評されるでしょう。



今回の記事では、そんな藤原良房について紹介するとともに、藤原氏による最初の他氏排斥運動として有名な「承和の変」と、その発生の本当の理由について、その真実を追っていきたいと思います!



⇓⇓⇓当講義のノートはコチラ!

授業ノート(PDF版)【平安時代④ 藤原氏北家の台頭と摂関政治のはじまり】




目次―

1.藤原良房はどんな人物?

2.承和の変の基本知識について確認!

3.「承和の変」発生の真実!良房の目的は?






 

1.藤原良房はどんな人物?

 


藤原良房は、藤原氏北家台頭のキッカケを作った冬嗣の子供にあたる人物であり、藤原氏北家が発展するための礎を築き上げた人物です。



良房に関する入試で問われる最大のポイントとして、応天門の変」の後に、人臣で初の摂政となったことが挙げられるでしょう。



良房も、父である冬嗣に引き続いて嵯峨上皇からの深い信任を受けており、仁明朝のときには、仁明天皇の実父であった嵯峨上皇からの厚いバックアップを受けて急激に昇進し、その後も順調にキャリアを積んでいきました。



このことから分かるように、良房は嵯峨上皇からの後ろ盾を背景に、台頭してきた人物であったと言えることができるでしょう。



「承和の変」が発生したのは、そんな順風満帆であった良房のキャリアを支えた嵯峨上皇が崩御した、わずか2日後のことでした。





 

2.承和の変の基本知識について確認!

 


まずは承和の変の真実に入る前に、まずは「承和の変」についての基本的な知識について、教科書に則って確認していきましょう。



承和の変とは、842(承和9)年に発生した政治的陰謀事件です。



その名の由来は、発生した当時の元号であった「承和」からきています。



概要は以下の通りです。



842年の7月15日に、当時朝廷で強大な権力を握っていた嵯峨上皇が崩御されたのですが、その2日後に、謀反を企てたとして伴健岑橘逸勢らが突然逮捕されました。



有罪の証拠がなかったのにもかかわらず、そのまますぐに伴健岑は隠岐橘逸勢は伊豆に配流されます。



そして同時に、皇太子であった恒貞親王も責任を問われ、その地位を廃されるなど皇室に対しても厳罰が下されました。



その後、皇太子の座には、良房の妹の生んだ子供である道康親王がつくこととなります。



以上が承和の変の過程・結果です。非常に単純ですね。



藤原氏北家による最初の他氏排斥事件として名高いこの政変ですが、どうやら一連の事件は藤原良房の陰謀(どころか自作自演)であると言われています



なぜそのように言われているのでしょうか。



答えは単純。承和の変が発生することによって得られる結果が、良房にとってメリットしかないものであったからです。



では、次の章では、なぜ良房は承和の変を発生させたかったのか、その真実の核心について迫りたいと思います。





 

3.「承和の変」発生の真実!良房の目的は?

 


さて、ここからはちょっと教科書の知識からは逸脱し、「承和の変」発生の真実の核心に迫りたいと思います。



なぜ良房は「承和の変」を発生させたのでしょうか。



その目的は、天皇家と藤原氏の関係図を確認すれば見えてきます。



以下の画像をご覧ください!





















上の図から分かる通り、嵯峨天皇に続いて淳和天皇仁明天皇が即位しています。



冬嗣の娘であり、かつ良房の妹である順子が、この仁明天皇に嫁いでいますね。



そして、明子と仁明天皇の間には皇子として道康親王がいます。



また同時に、淳和天皇にも恒貞親王という名前の皇子がいることが分かります。



さて、ではここで、藤原氏北家の発展を目指す良房の気持ちになって考えてみましょう。



良房は、恒貞親王と道康親王のどちらに、仁明天皇の次の天皇になってほしいと考えるでしょうか。



考えるまでもありません。



当然、道康親王ですね。



赤の他人である恒貞親王よりも、良房から見て自分の妹の子供である(すなわち叔父と甥という親戚関係がある)道康親王が天皇となってくれた方が、やはり都合がよいわけです。



しかし、道康親王を皇太子にするためには、大きな障壁がありました。



もうすでに、淳和天皇の皇子であった恒貞親王が皇太子となってしまっていたのです。



言い換えれば、良房にとって都合の悪いことに、もうすでに恒貞親王が次期天皇となることが決まってしまっていたのでした。



だからこそ、道康親王を皇太子に据えたい良房としては、まず恒貞親王を廃太子する必要があったのです。



教科書によると、承和の変では伴氏や橘氏が排斥されたと表現されていますがこれはあくまで結果論であり、良房がこの事件を起こした本当の目的は恒貞親王を廃することにあったのでした。







「伴健岑や橘逸勢らが、嵯峨上皇の崩御に伴う混乱に乗じて、皇太子であった恒貞親王を担ぎ上げて東国で反乱を起こそうとしている」――



平城天皇の皇子であった阿保(あぼ)親王が、このように嵯峨上皇の皇太后橘嘉智子に密告したことが、この事件の発端であると言われています。



一度そのような密告が入った以上、朝廷としてもそのまま見過ごすわけにはいきません。



結局、謀反を企てたとの理由で、伴健岑や橘逸勢は流罪となり、その他にも大納言以下60人近くが連座しています。



事件とは無関係とされながらも、責任を取るという名目で、恒貞親王が皇太子も廃されました。



そして、この事件の翌月、良房は兼ねてからの希望通り、道康親王を皇太子に据えることに成功したのでした。








この事件を良房が発生させた本当の目的は恒貞親王を廃することにあったという知識の補足です。



教科書にも載らない裏話ですが、実は、配流された伴健岑や橘逸勢はこの事件ののち数年後に罪が許されているのです。



伊豆へと流されることとなった橘逸勢はその護送の途中、近江の地で病に臥せり亡くなってしまうのですが、実はその死後8年後である850年に罪が許されています。



(なお、無実(?)による無念の死を遂げた橘逸勢は後に怨霊として恐れられるようになり、863年には神泉苑における御霊会にて、同じく怨霊となっていた早良親王らとともに供養の対象になっています。)



⇓⇓⇓早良親王って誰?怨霊とは?詳しくはコチラ!

【理由を解説!】長岡京からすぐに平安京へと遷都されたのはなぜか?非業の死を遂げた早良親王の怨念? 




同様に、隠岐へと流されていた伴健岑も、865年に恩赦が実行され罪が許されています。



このことからも、伴健岑や橘逸勢はやはり無実であり、良房が承和の変を発生させた目的が伴氏や橘氏を排斥することにはなかったことが窺えるのです。



承和の変もよく論述問題において出題されるテーマですが、以上に述べたことから、「良房は伴氏や橘氏を排斥するために承和の変を起こした・・・」との表現には注意が必要です。




 
いかがでしたか?



今回は「承和の変」に関する知識を、教科書から少し超えた背景とともにお伝えいたしました。



伴健岑や橘逸勢、そして何より恒貞親王は、良房の勢力拡大に伴うに伴う被害者であったということがお分かりいただけたかと思います。



承和の変の後、ライバルであった伴氏や橘氏を結果的に排斥し、自分に都合の良い道康親王を皇太子に据えることに成功した藤原良房。



彼はこの後、さらなる権力基盤を確立すべく、外戚政策を実行するとともにさらなる排斥運動を行います。



そして、藤原氏北家による摂関政治体制確立への第一歩を踏み出すのです。





関連記事


【論述対策】薬子の変はどのようにして発生した?その過程は?歴史的意義は?【徹底解説】

【理由・仕組みを解説!】なぜ藤原氏は外戚政策を行うことで摂政・関白となれたのか?【ポイントは‘‘妻問婚‘‘】【サザエさんで考えろ!?】

【論述対策】藤原氏北家が台頭・発展できたのはなぜか?その策略は?契機は?






0件のコメント
サイト内の語句検索はコチラから
サイト内の語句検索はコチラから