•  

【良房の陰謀】承和の変はなぜ発生した?真の目的は恒貞親王の排斥?【理由を解説】

更新日:7月12日




(画像は、左:藤原良房 右:恒貞親王)





さて、嵯峨天皇による改革が行われた次には、いよいよ藤原氏北家が活躍する時代が訪れます。



平安時代2つめの時期区分である、【藤原摂関家の台頭の時期―藤原氏北家による摂関政治の始まり】の到来です。



⇓⇓⇓混沌の平安時代をわかりやすくまとめた、平安時代概観についての記事はコチラです!

平安時代概観!約400年間続く混沌の平安時代を分かりやすくまとめてみる【実は6つの時期に区分できます】



薬子の変に際し、嵯峨天皇は機密事項を扱う蔵人所と呼ばれる役所を設置したのですが、その長である蔵人頭に藤原冬嗣が任命され嵯峨天皇のもとで活躍したことが、藤原氏北家台頭のキッカケでした。



以後、政権の中心は冬嗣の子の良房、その子の基経・・・と続いていき、道長頼通父子のときに、藤原氏北家は全盛期を迎えることになるのです。



冬嗣が北家台頭の契機となる人物であるならば、その跡を継いだ良房は北家全盛の礎を築いた人物であると評されるでしょう。



今回の記事では、そんな藤原良房について紹介するとともに、藤原氏による最初の他氏排斥運動として有名な「承和の変」と、その発生の本当の理由について、その真実を追っていきたいと思います!



⇓⇓⇓当講義のノートはコチラ!

授業ノート(PDF版)【平安時代④ 藤原氏北家の台頭と摂関政治のはじまり】




目次―

1.藤原良房はどんな人物?

2.承和の変の基本知識について確認!

3.「承和の変」発生の真実!良房の目的は?






1.藤原良房はどんな人物?



藤原良房は、藤原氏北家台頭のキッカケを作った冬嗣の子供にあたる人物であり、藤原氏北家が発展するための礎を築き上げた人物です。



良房に関する入試で問われる最大のポイントとして、応天門の変」の後に、人臣で初の摂政となったことが挙げられるでしょう。



良房も、父である冬嗣に引き続いて嵯峨上皇からの深い信任を受けており、仁明朝のときには、仁明天皇の実父であった嵯峨上皇からの厚いバックアップを受けて急激に昇進し、その後も順調にキャリアを積んでいきました。



このことから分かるように、良房は嵯峨上皇からの後ろ盾を背景に、台頭してきた人物であったと言えることができるでしょう。



「承和の変」が発生したのは、そんな順風満帆であった良房のキャリアを支えた嵯峨上皇が崩御した、わずか2日後のことでした。





2.承和の変の基本知識について確認!



まずは承和の変の真実に入る前に、まずは「承和の変」についての基本的な知識について、教科書に則って確認していきましょう。



承和の変とは、842(承和9)年に発生した政治的陰謀事件です。



その名の由来は、発生した当時の元号であった「承和」からきています。



概要は以下の通りです。



842年の7月15日に、当時朝廷で強大な権力を握っていた嵯峨上皇が崩御されたのですが、その2日後に、謀反を企てたとして伴健岑橘逸勢らが突然逮捕されました。



有罪の証拠がなかったのにもかかわらず、そのまますぐに伴健岑は隠岐橘逸勢は伊豆に配流されます。



そして同時に、皇太子であった恒貞親王も責任を問われ、その地位を廃されるなど皇室に対しても厳罰が下されました。



その後、皇太子の座には、良房の妹の生んだ子供である道康親王がつくこととなります。



以上が承和の変の過程・結果です。非常に単純ですね。



藤原氏北家による最初の他氏排斥事件として名高いこの政変ですが、どうやら一連の事件は藤原良房の陰謀(どころか自作自演)であると言われています



なぜそのように言われているのでしょうか。



答えは単純。承和の変が発生することによって得られる結果が、良房にとってメリットしかないものであったからです。



では、次の章では、なぜ良房は承和の変を発生させたかったのか、その真実の核心について迫りたいと思います。





3.「承和の変」発生の真実!良房の目的は?



さて、ここからはちょっと教科書の知識からは逸脱し、「承和の変」発生の真実の核心に迫りたいと思います。



なぜ良房は「承和の変」を発生させたのでしょうか。



その目的は、天皇家と藤原氏の関係図を確認すれば見えてきます。



以下の画像をご覧ください!