•  

【氏の長者争い-後編-】道隆VS道兼、道長VS伊周。栄華を極めた藤原道長の人生。その政策は?なぜ道長は関白にならなかった?【徹底解説】


△画像は藤原道長


さて、後編では藤原道長を中心として、どのような氏の長者争いが展開されたのか、




さらにはその最終勝者として権力のトップに躍り上がった藤原道長の人生について解説していきます。




前編で紹介した図と同じものではありますが、復習を兼ねてここでもう一度、藤原氏北家の家系図を確認しましょう。






前編では、大きな回り道を経ながらもついに摂関の地位まで上り詰めることに成功した兼家の生涯についてまで解説しました。




その死後には、今度はその子供たちによって激しい争いが展開されていくこととなるのですが、後編ではその以下2つの氏の長者争い、




道隆[兄] vs 道兼[弟]

道長[叔父] vs 伊周[甥]




について解説していきます。



⇓⇓⇓授業ノートはコチラから!

授業ノート(PDF版)【平安時代⑨ 摂関政治の全盛―藤原道長と頼通―】



⇓⇓⇓前編の記事はコチラから!

【氏の長者争い-前編-】兼通VS兼家の摂関の地位をめぐる対立。藤原氏のトップはどのように変遷した?【徹底解説】



目次―

〇前編

1.藤原氏北家台頭の過程(復習)

2.藤原氏北家のトップの変遷

3.氏の長者争い①:兼通[兄]VS兼家[弟]

4.兼家の台頭

○後編

1.氏の長者争い②:道隆[兄] vs 道兼[弟]

2.氏の長者争い③:道長[叔父] vs 伊周[甥]

3.道長の娘・彰子の入内

4.藤原摂関家の全盛期の到来。道長の‘‘一家三立后‘‘達成

5.文化史と藤原道長

6.道長が生涯関白に就任しなかったのはなぜ?







1.氏の長者争い②:道隆[兄] vs 道兼[弟]



強大な権力を保持していた兼家の死後、兼家に代わって990年、摂関・氏の長者の地位を継いだのは、




兼家の長男であった藤原道隆でした。




摂関の地位を得て権力を掌握した父の策により、急速に出世を果たした人物です。




道隆についてまず押さえなければならないことはただ一つ。




「990年、娘の定子一条天皇に入内させた。




これだけです。




これが後々に大きな問題を引き起こしていくことになりますので、後程詳しく解説しますが、とりあえずまずこれだけ押さえてください!









・・・しかし道隆の栄華も長くは続きませんでした。




摂関の地位を得てからわずか5年後、995年に道隆は病に倒れ、そのまま帰らぬ人となったのです。




死因としては、酒の飲みすぎなどを始めとした糖尿病の悪化が、偶然にもこの時期に重なったことによるものであるといわれています。




豪華な生活を送っていた平安貴族ならではのエピソードといえそうです。




(なお、道隆の酒好きは相当有名だったようで、『大鏡』にもそれを示すエピソードが残されています)。








さて、道隆としては、次の摂関には息子である伊周を就任させたかったといいますが、




道隆の意志に反して、次の関白に就任したのは、弟の道兼(兼家の次男)でした。




道兼にとっては待ちに待った関白です。




一条天皇が次の関白に、伊周ではなく自分を選んでくれたことを、道兼は大いに喜んだことでしょう。




しかし、ここで思いがけないことが起こります。