•  

【氏の長者争い-前編-】兼通VS兼家の摂関の地位をめぐる対立。藤原氏のトップはどのように変遷した?【徹底解説】


△画像は藤原兼家


平安時代半ば頃、969年の「安和の変」の以後には摂関の(ほぼ)常置体制が確立され、藤原摂関政治の全盛期が訪れるのですが、



この「安和の変」にて源高明の排斥に成功すると、もはや藤原氏を脅かすような他氏の存在はいなくなり、



以後藤原氏内部の勢力・トップ争い、いわゆる‘‘氏の長者‘‘をめぐる争いが激しく展開されていくことになります。



しかし、いくら「争い」といっても、武力同士が激しくぶつかり合うような表面的なものではありません。



繰り広げられたのは、藤原氏内部での権力を求めていく「政争」だったのでした。







今回のテーマはズバリ、藤原氏による「氏の長者」争いです!



藤原道長・頼通親子のときに、藤原氏北家ないし藤原摂関政治は全盛期を迎えるのですが、



「安和の変」の以後藤原道長が台頭してくるまでに、一体どのような「氏の長者」争いが展開されたのか、



今回は前後編の2記事にわたって詳しく解説していきます!



⇓⇓⇓後編の記事はコチラから!



⇓⇓⇓該当する授業ノートはコチラから!

授業ノート(PDF版)【平安時代⑨ 摂関政治の全盛―藤原道長と頼通―】




目次―

〇前編

1.藤原氏北家台頭の過程(復習)

2.藤原氏北家のトップの変遷

3.氏の長者争い①:兼通[兄]VS兼家[弟]

4.兼家の台頭






1.藤原氏北家台頭の過程(復習)



最初に、藤原氏北家の台頭の過程について簡単に復習しましょう。



飛鳥時代の後半から奈良時代の前半にかけて活躍した藤原不比等には、‘‘藤原四子‘‘と呼ばれる4人の子供(房前宇合武智麻呂麻呂)がおりました。



このうちの、房前(ふささき)を始めとする藤原氏の流れが、藤原氏北家でございます。



この北家が台頭を始めたのは、そこから約100年後、平安時代のちょうど始まりの頃です。



810年に「薬子の変(平城太上天皇の変)」と呼ばれる反乱がおこったのですが、その際に設置された「蔵人所」という、



役所の長官であった蔵人頭(天皇の側近的なポジション)に藤原冬嗣が抜擢され、そこで彼が頭角を現したことが、藤原氏北家台頭の契機となりました



その後藤原氏北家は、外戚政策他氏排斥運動の実施、さらに経済基盤となる寄進地系荘園の集積などを通じて徐々に台頭していき、



天皇の摂政・関白として政治の実権を握っていくようになります



宇多天皇・醍醐天皇・村上天皇が活躍して「天皇親政」が行われた数十年間のように、摂関政治が一時的に中断される期間はありましたが、



その後969年の「安和の変」の後には摂政・関白のほぼ常置体制が築かれ、道長・頼通の時代に藤原摂関政治の全盛期が訪れたのです。



なお、「安和の変」で源高明が排斥されたことにより、もはや藤原氏の存在を脅かすような他氏はいなくなり、



これ以後藤原氏内部の権力争い——‘‘氏の長者‘‘をめぐる争いが展開されていくのでした。



絶対的な権力を握った藤原氏を中心に、貴族たちが太平の世を謳歌するような穏やかかつ華やかな印象の強い平安時代のこの頃ですが、



その裏ではドロドロの権力争いが繰り広げられていたのです。





2.藤原氏北家のトップの変遷



まず、簡単な家系図を頼りに、藤原氏のトップがどのように変遷していったのか、簡単に解説していきます。



下の図をご覧ください。





「安和の変」が起こった際、藤原氏のトップとして摂関の地位にいたのは藤原実頼です。



すなわち、家系図によると実頼以降、‘‘氏の長者‘‘をめぐる争いが展開されていくこととなります。



代表的な ‘‘氏の長者‘‘ 争いは以下の3つです。



兼通[兄]vs 兼家[弟]

道隆[兄]vs 道兼[弟]vs 道長[弟]

道長[叔父]vs 伊周[甥]



順番に解説していきます。



前編では、兼通[兄]VS兼家[弟]の争いを、後編では下つの争いを解説します。





3.氏の長者争い①:兼通[兄]VS兼家[弟]