•  

【氏の長者争い-前編-】兼通VS兼家の摂関の地位をめぐる対立。藤原氏のトップはどのように変遷した?【徹底解説】


△画像は藤原兼家


平安時代半ば頃、969年の「安和の変」の以後には摂関の(ほぼ)常置体制が確立され、藤原摂関政治の全盛期が訪れるのですが、



この「安和の変」にて源高明の排斥に成功すると、もはや藤原氏を脅かすような他氏の存在はいなくなり、



以後藤原氏内部の勢力・トップ争い、いわゆる‘‘氏の長者‘‘をめぐる争いが激しく展開されていくことになります。



しかし、いくら「争い」といっても、武力同士が激しくぶつかり合うような表面的なものではありません。



繰り広げられたのは、藤原氏内部での権力を求めていく「政争」だったのでした。







今回のテーマはズバリ、藤原氏による「氏の長者」争いです!



藤原道長・頼通親子のときに、藤原氏北家ないし藤原摂関政治は全盛期を迎えるのですが、



「安和の変」の以後藤原道長が台頭してくるまでに、一体どのような「氏の長者」争いが展開されたのか、



今回は前後編の2記事にわたって詳しく解説していきます!



⇓⇓⇓後編の記事はコチラから!



⇓⇓⇓該当する授業ノートはコチラから!

授業ノート(PDF版)【平安時代⑨ 摂関政治の全盛―藤原道長と頼通―】




目次―

〇前編

1.藤原氏北家台頭の過程(復習)

2.藤原氏北家のトップの変遷

3.氏の長者争い①:兼通[兄]VS兼家[弟]

4.兼家の台頭






 

1.藤原氏北家台頭の過程(復習)

 


最初に、藤原氏北家の台頭の過程について簡単に復習しましょう。



飛鳥時代の後半から奈良時代の前半にかけて活躍した藤原不比等には、‘‘藤原四子‘‘と呼ばれる4人の子供(房前宇合武智麻呂麻呂)がおりました。



このうちの、房前(ふささき)を始めとする藤原氏の流れが、藤原氏北家でございます。



この北家が台頭を始めたのは、そこから約100年後、平安時代のちょうど始まりの頃です。



810年に「薬子の変(平城太上天皇の変)」と呼ばれる反乱がおこったのですが、その際に設置された「蔵人所」という、



役所の長官であった蔵人頭(天皇の側近的なポジション)に藤原冬嗣が抜擢され、そこで彼が頭角を現したことが、藤原氏北家台頭の契機となりました



その後藤原氏北家は、外戚政策他氏排斥運動の実施、さらに経済基盤となる寄進地系荘園の集積などを通じて徐々に台頭していき、



天皇の摂政・関白として政治の実権を握っていくようになります



宇多天皇・醍醐天皇・村上天皇が活躍して「天皇親政」が行われた数十年間のように、摂関政治が一時的に中断される期間はありましたが、



その後969年の「安和の変」の後には摂政・関白のほぼ常置体制が築かれ、道長・頼通の時代に藤原摂関政治の全盛期が訪れたのです。



なお、「安和の変」で源高明が排斥されたことにより、もはや藤原氏の存在を脅かすような他氏はいなくなり、



これ以後藤原氏内部の権力争い——‘‘氏の長者‘‘をめぐる争いが展開されていくのでした。



絶対的な権力を握った藤原氏を中心に、貴族たちが太平の世を謳歌するような穏やかかつ華やかな印象の強い平安時代のこの頃ですが、



その裏ではドロドロの権力争いが繰り広げられていたのです。





 

2.藤原氏北家のトップの変遷

 


まず、簡単な家系図を頼りに、藤原氏のトップがどのように変遷していったのか、簡単に解説していきます。



下の図をご覧ください。





「安和の変」が起こった際、藤原氏のトップとして摂関の地位にいたのは藤原実頼です。



すなわち、家系図によると実頼以降、‘‘氏の長者‘‘をめぐる争いが展開されていくこととなります。



代表的な ‘‘氏の長者‘‘ 争いは以下の3つです。



兼通[兄]vs 兼家[弟]

道隆[兄]vs 道兼[弟]vs 道長[弟]

道長[叔父]vs 伊周[甥]



順番に解説していきます。



前編では、兼通[兄]VS兼家[弟]の争いを、後編では下つの争いを解説します。





 

3.氏の長者争い①:兼通[兄]VS兼家[弟]

 


氏の長者争いの中でも、最も初期に繰り広げられたのが、兼通兼家兄弟によるものです。



父はどちらも師輔(もろすけ)という人物であり、兼通が兄で、兼家が弟です。



さらに、兼通・兼家の2人には伊尹(これただ)という兄もいました。



969年に発生した「安和の変」の後に、冷泉天皇の後継として、藤原氏寄りであったと言われる円融天皇が即位します。



これを受け、冷泉天皇のときに引き続いて実頼が摂政を勤めたのですが、このとき既に70歳という高齢であった実頼は、翌年に亡くなってしまいます。



そのため、兼通・兼家の兄であった伊尹(これただ)が、その跡を継いで円融天皇の摂政に就任したのですが、



しかし、彼もその2年後972年に、思いがけず突如帰らぬ人となってしまいました。



それゆえに、今度は兼通(兄)と兼家(弟)のどちらが次期摂政に就任するかで対立が始まったのです。



972年の当時、弟の兼家の方が兄よりも出世を果たしており、普通であれば弟の兼家が次の摂政に就任するのが妥当でした。



周りの人たちも、兄よりも役職・位が高かった兼家が次の摂政に就任するものであろうと考えていたようでしたが、



次の摂政に就任したのは兄の兼通だったといいます。



大鏡(関白は次第のままに)』によると、兼通が円融天皇に、「摂関は兄弟順に選ぶように」との旨が書かれた同天皇の母の遺言を渡したのがその背景であったそうです。



こうして自分の亡き母の遺命に従う形で、円融天皇は次の摂政に兼通を選び、兼通・兼家兄弟の摂政争いは、兄兼通の勝利に終わったのでした。



(もしかすると、このへんの一連の流れは古文の授業で習ったことがある方も多いかもしれません。)







いくら兄弟といえども、兼通と兼家は非常に仲が悪かったと言われています。



まあ実際に次期摂政をめぐって激しく対立していたくらいですから、それも納得です。



しかも兼通が摂政として権力をふるう間、兄兼通の陰謀か、兼家の出世は全く進まなくなってしまったともいわれています。



はるかに出世を果たしていた自分を差し置いて、より地位の低かった兄兼通が摂政に選ばれたのです。



それだけでも兼家は十分におもしろくありませんでしたが、自らの出世が止まってしまったということもあり、



摂政をめぐる争いが終わったといえども、こうして兼通と兼家との対立はさらに深まっていったといいます。



その後しばらく経ち、977年、今度は摂政兼通が病に倒れ、危篤状態に陥りました。



通常であれば、今度こそは、次の摂関には弟の兼家が就任するはずですよね。



しかし、次の摂関に就任したのは、藤原頼忠という、全く別の人物だったといいます。(兼通・兼家のいとこ)



一体何があったのでしょう。




『大鏡(兼通と兼家の不和・最後の除目)』によると、これも兼通と兼家との不和と悲しき勘違いが原因です。



以下、『大鏡』の要約です。



危篤に陥った兼通が自邸で寝込んでいるとき、東の方から先払いの声が聞こえてき、兼家の乗った車がこちらに近づいてきました。



これに兼通はいたく感動し、「これまでずっと不仲だったが、最期だからとお見舞いに来てくれたのか…!!」と、



身の回りの物を片付けて兼家の来訪を迎え入れる準備を整えます。



しかし、あろうことか兼家は邸を素通りしてしまいます。



そのまま兼通邸の門前を通過し、宮中へと行ってしまったのでした。



実は兼家はもう兼通が亡くなってしまったのだと勘違いしており、円融天皇に対して後任の摂関を自分にまかせてくださるよう頼みに行こうとしていたのでした。



それを知る由もない兼通は、最期の最期まで兼家に自分の名誉を傷つけられた・恥をかかされたと大激怒。



病に苦しい身体をおして起き上がり、そのまま宮中へと参上します。



まさに天皇に奏上を行っていた最中であった兼家は、もう死んだと思っていた兼家の登場に大いに驚き、そのまま別の部屋へと逃げていきますが、



そんな兼家をしり目に兼通は、「最後の除目」と称しながら、頼忠を次の関白に任命すると宣言したのでした。





 

4.兼家の台頭

 


さて、ついにめぐってきた摂関就任のチャンスを、兼通との不和とお互いの勘違いでみすみす逃してしまった兼家ですが、



この後も兼家はしばらく、自分の出世もままならない不遇な時代を迎えます。



そんな兼家はここからどのように摂関の地位まで上り詰めたのでしょう。



その背景は「外戚政策」です。



兼家は兼通の死を好機と見るや否や、自分の娘(詮子)を円融天皇に入内させる外戚政策を実施し、



後に生まれた皇子が986年、一条天皇として即位することで、外祖父という立場で摂関政治を展開することに成功したのでした。



長い長い下積み時代を経て兼家はついに摂関の地位に上り詰め、政治の中心を担うようになっていき、



その後、兼家の子である道隆や道兼、さらには道長といった貴族たちが火花を散らす氏の長者争いが展開される時代が訪れるのです。



⇓⇓⇓後編はコチラから!



関連記事


【論述対策】藤原氏北家が台頭・発展できたのはなぜか?その策略は?契機は?

【理由・仕組みを解説!】なぜ藤原氏は外戚政策を行うことで摂政・関白となれたのか?【ポイントは‘‘妻問婚‘‘】【サザエさんで考えろ!?】

【安和の変】藤原氏最後の他氏排斥事件!なぜ源高明は排斥されたのか?源満仲はなぜ藤原氏側についたのか?【徹底解説】

【藤原摂関政治】「摂関政治」完全まとめ。その特徴・仕組み・経済基盤など分かりやすく解説!【論述対策】




0件のコメント
サイト内の語句検索はコチラから
サイト内の語句検索はコチラから