•  

【桓武天皇の諸政策について解説】なぜ勘解由使の設置が地方政治の引き締めに繋がるの?【勘解由使】

更新日:7月11日




光仁天皇に引き続いて即位した桓武天皇は、律令制の再建を目標とし、自らどんどん諸改革を実行していきます。



桓武天皇は、光仁天皇の即位によって天智系皇統が復活したことを、中国における‘‘新王朝‘‘の成立のようなものとして考えていたと言われています。



そのため、天智系皇室の威厳を示したいという思いから、積極的に政治の刷新を図っていったのでした。



では、桓武天皇は具体的にどのような改革を行ったのでしょうか。



記述のみならず、論述においても問われやすい、大学入試において非常にポピュラーなテーマでございます。



今回の記事は、前半では桓武天皇が行った諸改革について簡単に述べるとともに、後半では主に「勘解由使」にフォーカスを当てて、解説していきたいと思います!



⇓⇓⇓授業ノート(PDF版)ダウンロードはコチラから!

【桓武天皇による律令制の再建】



目次――

1.桓武天皇の行った諸改革とは?

2.それぞれの政策について少し解説!

3.「勘解由使」「解由状」とは?どうして地方政治の引き締めに繋がるの?





1.桓武天皇の行った諸改革とは?



桓武天皇が行った諸改革として、入試で問われる具体的な政策は以下の黒板の通りです。





桓武天皇はあらゆる政策を行いましたが、黒板の通り、それらの政策は主に2つの目的別に区別できます。



【 A農民負担の軽減 】 【 B地方政治監督の強化 】 です。



前者は非常に分かりやすいですね。文字通りです。



奈良時代は、農民に対して重い負担をかけすぎたために公地公民制が崩壊し、律令体制に動揺が走った時代でした。



⇓⇓⇓詳しくは授業ノート(PDF版)を参照ください!

【奈良時代④ 重すぎる農民負担と公地公民制の崩壊】



律令制の再建を目指していた桓武天皇は、この反省を踏まえ、農民の負担を軽減させる政策を積極的に行ったのでした。





2.それぞれの政策について少し解説!



雑徭とは何か覚えていますか?



雑徭とは、古代律令体制下において設定された農民負担の一種で、地方の人頭税とされたものです。



「租」「調」「庸」と一緒に学習することが多い単語ですね。



国司のもとで、地方の労役に年間最大60日間従事することを定めたものでしたが、桓武天皇はこれを、最大30日へと半減させました。







出挙とは、春先に農民に対して稲を貸し付け、秋の収穫の時に、貸した分に利息(この場合には稲なので‘‘利稲‘‘です)を付けて返させた制度です。



出挙には、国が貸し付けを行った公出挙と、一般人が貸し付けを行った私出挙の2種類がありました。



現代で言えば公出挙は、僕が投資のために国から借金をし、それを元手に稼いだ後に利子とともに借りたお金を返した、ということと構造的に全く同じです。



本来、この出挙は農民の再生産を保証する制度として機能していました。



何らかの理由で十分な量の稲が収穫ができなかった農民に対し、次の年に困らないよう稲を貸してあげるからです。



しかし、奈良時代頃になると律令政府はこの公出挙を農民に対して強制的に行うようになりました。



そして、その利子で地方行政の財源を補填するようになってしまったのです。



このように地方政治の運用に欠かせないものとなってしまった公出挙は、実質的に租税化し、農民の負担として重くのしかかっていたと言います。



実に、農民に対して貸した分の5割もの稲が、公出挙の利稲として定められていました。



桓武天皇はこの公出挙の利稲を3割にまで下げることで、農民負担の軽減を図ったのでした。







桓武天皇は班田の頻度の減少も行っています。



6年に一度の班田「6年1班」であったのを、畿内に限り12年に一度の班田「12年1班」にしたのです。



教科書では「班田の励行」とも表現されますね。



奈良時代を通して、浮浪・逃亡、偽籍などが増加し、朝廷は正確な戸籍に基づいた班田が困難になっていました。



そこで、班田の頻度を下げることで、朝廷は十分な時間を確保して慎重に準備をし、確実に租税を徴収することを目指したのです。



また、農民に対して、「頻度を減らしたんだからちゃんとやってよね!」とアピールをして、律令制に定められた土地制度の維持・立て直しを図る意図があったとも言われています。