•  

【承平・天慶の乱-後編-】藤原純友の乱について解説!なぜ純友は海賊の棟梁に?2つの乱の歴史的意義とは?【論述対策】





この記事は前編・後編のセット記事です!


⇓⇓⇓ぜひとも前編からお読みくださいませ!

【承平・天慶の乱-前編-】平将門の乱について解説!現代にまで根付く将門の呪いとは?将門の怨霊とは?【徹底解説】





さて、今回は「承平・天慶の乱」に関する記事の後編です!



関東において平将門が大暴れしていたのとちょうど同じ頃、西日本では瀬戸内海域を中心に、藤原純友という男が大暴れしていました。



いわゆる「藤原純友の乱」ですね。



今回の記事では「藤原純友の乱」についてその内容や経緯について述べていくとともに、



藤原純友の人物像や、彼が反乱を起こそうと決意した理由まで、ちょっと掘り下げて解説していきたいと思います!




⇓⇓⇓該当する授業ノートはこちら!

授業ノート(PDF版)【平安時代⑦ 武士の登場と地方武士の反乱】


目次

〇前編-

1.「平将門の乱」に至るまでの経緯① 遺領をめぐる内紛

2.「平将門の乱」に至るまでの経緯② 国府襲撃と関東支配

3.「平将門の乱」の過程

4. 将門塚とは?怨霊となった平将門

5.現代にまで根付く将門の呪い?

〇後編-

1.藤原純友の乱への過程① 純友の人物像とは?

2.藤原純友の乱への過程② いつしか海賊の棟梁に・・・

3.「藤原純友の乱」の過程

4.平将門と藤原純友は共謀して反乱を起こしたのか?

5.【論述対策】「承平・天慶の乱」の歴史的意義








 

藤原純友の乱への過程① 純友の人物像とは?

 


藤原純友はもともと、藤原氏のうちで最も栄えた北家の出身です。



そのようにエリート家系に生まれながら、早くに父を亡くしてしまい、中央での出世ルートを若くして断たれてしまったという不遇な境遇を背負っていました



平安時代のこの頃はまだまだ、中央の出世に父という後ろ盾が不可欠な時代です。



父親がどのくらい大きな影響力を持っているかでその子供たちの出世ルートが決定されてしまうといっても過言ではないでしょう。



そんな純友が食っていくためには、もはや地方官として働く道しか残されていなかったのでした。





中央での出世の望みを失った純友は、父の従兄弟である藤原元名という人物に従って、伊予掾として働くことになります。



(「掾」、覚えていますか?律令制下において官職には四等官制が敷かれていましたが、



「掾」は国司の四等官である「守・介・掾・目(かみ・すけ・じょう・さかん」のうち3つ目でしたね!



すなわち、「掾」は国司の中でも少し身分の低い役職であったと考えていただければよいでしょう。)



純友の父はもともと、大宰府の次官であったといいます。



大宰府は朝鮮半島や唐などの貿易の要所であり、そこに来航する商船を狙って、海賊が頻繁に出没する地域の一つでした。



父がまだ存命中のとき、純友はこの海賊の討伐業務にあたっており、日々奮闘しては大きな成果をあげていたといいます。



元名は純友のこれまでのキャリアに目を付け、その海賊退治の才を買って彼を伊予国司に抜擢したのでした。



というのも、このころ九州と京を繋ぐ航路である瀬戸内海も海賊被害が頻発する地域であったからです。



こうして純友は、伊予掾として瀬戸内海における海賊討伐の任務にあたり、元名の期待に応えるようにここでも大いに成果を上げたのでした。





 

2.藤原純友の乱への過程② いつしか海賊の棟梁に・・・

 


さて、瀬戸内海においても海賊の平定において大いに功をあげていた藤原純友ですが、



海賊を討伐する側であった彼が、面白いことにいつしか1000捜を組織する海賊の棟梁になってしまうのです。



一体何があったのでしょう。



実は、このころ瀬戸内海で海賊行為を働いていた人々の多くが、かつて「舎人(とねり)」として朝廷内で働いていた者であったといいます。



つまり、かつて朝廷で官人として働いていたものの、職を失って、海賊にならざるを得なかった人々だったのです。



中央での出世を見込めず地方に流れざるを得なかった純友と彼ら海賊たちが、互いにシンパシーを感じあったのかどうかは分かりませんが、



お互い朝廷に対して何らかの不満を持っていたことは確かでしょう。



こうして純友は、いつしか伊予国の日振島を根拠地として配下の海賊たちをまとめあげ、



反朝廷勢力を形成し、瀬戸内海各地で海賊行為を働くようになったのでした。





 

3.「藤原純友の乱」の過程

 


海賊たちをまとめげた純友は、939年12月、京にほど近い摂津国に進出します。



ここから、純友による本格的な武装蜂起が始まるのです。



そしてちょうど同じ頃、東国において平将門という人物が「新皇」を称して関東一円を支配するという大反乱を起こしていたことが



朝廷に報告されたばかりであったため、京都の貴族たちは大いに驚愕したといいます。



将門が新皇を称して関東を支配したのも939年12月です。



地方で力を付けた有力者たちに東西同時に反乱起こされたら、そりゃ朝廷は恐怖に包まれますよね。笑







大いに動揺した朝廷は、まず平将門の乱の鎮圧に乗り出します。



西日本にあまり勢力を傾注できないため、朝廷は位階を与えるなどして純友に対して懐柔を図りますが、



勢いに載った純友軍は、伊予国讃岐国の国府を襲撃し、その後も瀬戸内海沿岸の国の建物や舟などの官物を次々と焼き払っていきます。



こののち、純友の本拠地であった伊予国日振島は朝廷軍によって攻め落とされてしまうのですが、



西に逃れた純友軍は大宰府に攻め入り、そしてついにここを占領することに成功します。



東国の平将門が関東の大部分を支配した一方、藤原純友は瀬戸内海の大部分と九州の一部を支配下に置いてしまったのです。







しかし、純友の勢いもここまででした。



平将門の乱を平定した朝廷は、全勢力を集中して純友の鎮圧に乗り出したからです。



激戦の末に800捜以上もの舟を拿捕された純友軍は大敗し、純友自身も殺され、一連の反乱はようやく終焉を迎えました。



余談ですが、官軍として朝廷からは平将門の乱のときと同じく、征西大将軍藤原忠文が派遣されました。



しかし、今回も彼の軍は目立った活躍をすることができず、結局のところ反乱の鎮圧に大いに武功を上げたのは、



追捕使であった小野好古や、清和源氏の祖である源経基などといった地方武士であったと言われています。



-追記-


(純友が鎮圧の任にあたった海賊たちと、乱を起こした純友の軍の武装的な性格が異なっていることが近年指摘され始めています。



海賊たちの多くが朝廷の機構改革で失職してしまったもと舎人たちであった一方、純友の率いる武装勢力を構成していた人物たちの多くは、



純友と同じように京での出世の望みを失い、秀でた武芸によって権力の回復を図ろうとしていた中下級貴族であったのです。



このことから、純友が海賊を討伐していく過程でだんだんと海賊たちと近しい関係になっていき、



海賊たちが純友の反乱に何らかの協力したという事実はあったとしても、



純友が海賊たちの棟梁となり彼らを支配下において反乱を起こしたワケではないのではないか、と近年言われています。)






 

4.平将門と藤原純友は共謀して反乱を起こしたのか?

 


さて、ほぼ同時期に発生し、朝廷を大いに驚愕させた「平将門の乱」「藤原純友の乱」ですが、



その発生のタイミングあまりに近かったために、これら一連の反乱は当時から、平将門と藤原純友による共謀であると思われていたようです。



実際に、当時の公卿の日記には、この2つの反乱について「謀りを合わせ心を通じて」といった旨の記述があります。






京都の東にある比叡山にはこんな伝説があります。



官人として京に朝廷に仕えていた若かりし頃の将門と純友の話です。



仲が良かった将門と純友はある日、比叡山に山登りをしにいきました。



そして、山頂から眼下に広がる平安京の景色を見つめながら、



自分たちはどのみち中央での出世は見込めない運命なのだから、いつしか一緒に反乱を起こして京を奪い、



桓武天皇の子孫である将門は天皇に、藤原氏北家の出身である純友は関白になって、国を動かしていこうと約束したというのです。



まあといっても、客観的な事実から勘案した時に全く痕跡がないことから、さすがにこのエピソードは史実ではないと言われています。



つまり、「承平・天慶の乱」は将門と純友が共謀して起こしたものでは全くなく、朝廷による地方支配が弛緩していった結果、



地方でどんどん勢力を拡大していった両者が起こした武装蜂起が、たまたま東と西で同時期に勃発してしまったものにすぎないということですね。



しかし、その2つの大反乱が発生したタイミングがあまりに驚くべきものであったため、貴族たちは2人の共謀を噂しあい、そしてこのよう伝説が生まれたのでしょう。







ただ、純友にとって将門の反乱が心理的に全く影響しなかったのかと問われると、必ずしもイエスとは答えられないのかもしれません。



なぜなら、もちろん純友自身のもとにも平将門という人物が東国で反乱を起こしているという事実は届いており、



それが朝廷の混乱に乗じて自身も反乱を起こそうと決心する引き金となったという可能性までは否定できないからです。



ただ、現時点では、これら2つの反乱自体には直接的な因果関係はないと考えられているので、論述などで問われた際には答え方に注意が必要ですよ!





 

5.【論述対策】「承平・天慶の乱」の歴史的意義

 


さて、最期の章では「承平・天慶の乱」の歴史的意義についてまとめましょう。



論述問題頻出のテーマです!



まず一つ目に、これまでにずっと述べてきたことですが、これら一連の反乱により、中央政府による地方支配の動揺がハッキリと露呈してしまいます



各地で反乱が発生してしまうようになったことは、朝廷のもつ全国統制力がどんどん喪失されていってしまっていることを意味しているからです。



もはや地方において、かつての律令制は全く機能しなくなってしまったといっても過言ではないでしょう。



2つの反乱の過程を追ってみるだけでも、中央の支配力がどんどん失われていく一方、



統制の失われた地方が大きな混沌に包まれていっていることがお分かりいただけると思います。






2つ目に、朝廷の軍事力の無さが露呈したことも、これらの反乱の歴史的意義として考えられます。



もちろん朝廷も、この反乱の発生を受けて藤原忠文を大将とする追討軍を組織し、地方へと派遣しています。



しかしながら先に述べた通り、朝廷から直接派遣したこの征討軍はほとんど大きな活躍をすることなく、



実際に乱を鎮圧に大きな功を上げたのは、朝廷からの詔を受けた地方武士たちでした。



言ってみればこれら2つの反乱は、地方武士VS地方武士の戦いであったわけです。



このため「承平・天慶の乱」は、地方武士の実力が朝廷の貴族たちに認識される契機となりました



反乱を起こされたときには非常に怖い存在である武士ですが、一方で使い方によっては自分たちの身を守ってくれる力を持った存在であるということが、



京の貴族たちに周知されたのです。







最後に追加で、源経基について述べておきましょう。



藤原純友の乱で大いに活躍した人物の一人に源経基という者がいましたが、



彼はその後に源の姓を与えられて臣籍降下し、諸国に分かれて有力な武士を多数輩出していく清和源氏の祖となります



関東を平定した源頼信や、それぞれ前九年合戦・後三年合戦を平定した頼義・義家、さらには鎌倉幕府を創設した源頼朝など、



武士の時代を創り上げていく歴史のスーパースターたちの活躍は、全てここから始まるのです。





 
いかがでしたか?



今回は2記事にわたって、「承平・天慶の乱」について、少し掘り下げて述べてきました。



あまり詳しく深掘りされるようなテーマではないですが、これまで述べてきたように「承平・天慶の乱」は、



平将門・藤原純友という似た境遇にあった2人の男の豪快な生き様や、多数の人々の思案が複雑に絡むエピソードが隠された、



とてもおもしろいテーマであることがお分かりいただけたかと思います。



さらに、朝廷による地方支配の動揺や地方武士の台頭を印象付けたという点で、

「承平・天慶の乱」は、歴史的に非常に意義がある出来事でもあります。



入試でも頻出のテーマですので、よりよい復習をしていただけると幸いです。



関連記事


【承平・天慶の乱-前編-】平将門の乱について解説!現代にまで根付く将門の呪いとは?将門の怨霊とは?【徹底解説】

【新旧の説、徹底解説】武士の発生・登場の起源について解説!「武士」はどのようにして生まれた?【武士のルーツ】

【摂関政治の一時的復活】朱雀天皇の時代の出来事について解説!






1件のコメント