•  

【承平・天慶の乱-前編-】平将門の乱について解説!現代にまで根付く将門の呪いとは?将門の怨霊とは?【徹底解説】

更新日:2019年12月28日





10世紀の半ばに差し掛かろうというところ、律令制は完全に崩壊し、それに基づいていた朝廷の地方支配体制は動揺していくこととなるのですが、



朱雀天皇藤原忠平摂関期の時代には、その朝廷の地方支配の動揺を大いに印象付けた大事件が発生しました。



935年から数年間にわたって発生した大反乱、「承平・天慶の乱」です。



地方武士の台頭や、朝廷の地方支配の動揺を露呈したという点で、日本史において非常に

意義のある重要な出来事ですね。



今回は、前編では「平将門の乱」、さらに後編では「藤原純友の乱」について2記事にわたって、



反乱の後に日本三大怨霊となってしまった平将門の現代にまで至る怨霊伝説や、



海賊の取り締まりをしていたはずがいつの間にか自身が海賊の棟梁となってしまった藤原純友のエピソードといった



少しディープなところまで掘り下げてこの「承平・天慶の乱」について解説していきます!



⇓⇓⇓該当する授業ノートはコチラから!

授業ノート(PDF版)【平安時代⑦ 武士の登場と地方武士の反乱】




目次―

〇前編

1.「平将門の乱」に至るまでの経緯① 遺領をめぐる内紛

2.「平将門の乱」に至るまでの経緯② 国府襲撃と関東支配

3.「平将門の乱」の過程

4. 将門塚とは?怨霊となった平将門

5.現代にまで根付く将門の呪い?






1.「平将門の乱」に至るまでの経緯① 遺領をめぐる内紛



さて、それではどのようにして「平将門の乱」に至ったのか、その経緯について述べていきましょう。



まずそもそも、なぜこの平氏は関東地方に土着をしていたのでしょう。



その始まりは平高望(高望王)と呼ばれる人物にあります。



桓武天皇の子孫であり、「平(たいら)」という姓を賜った桓武平氏の家系には実は諸流あるのですが、



その中でも後に伊勢平氏などの諸氏を輩出した最も有名な流れこそ、この高望王(平高望)から始まるものでした。



平氏という姓を賜り臣籍降下した平高望は、京にいても出世の見込みがなかったために、



上総介として関東に下ることを決断し、そして同地に土着して勢力基盤を広げたのです。



この土着こそが、平安時代半ば頃において平氏が関東地方を拠点とした始まりとなったのでした。







「平将門の乱」と呼ばれる一連の反乱がおこる契機となったのは、この桓武平氏による、所領をめぐる内輪もめにありました。



平高望の子の一人に平良将という人物がいたのですが、彼の死後に、その遺領をめぐって内紛が勃発したのです。



良将は下総国に所領を持っており、同地に土着して勢力を拡大していました。



一方で、良将の子である将門は、京に上って中級官人として朝廷に出仕していたのですが、



しかしながら父である良将が思いがけず早逝してしまったために、京での任務を終えた将門は関東に戻ることを決断します。



そして関東に戻った将門は、亡き父のものであったはずの所領の多くが、良将の兄弟(つまり将門の叔父)である



平国香(くにか)良兼らによって、独断で奪われてしまっていたことを知るのです。



これに平将門がブチ切れ、後に良将の遺領をめぐる争いが勃発することとなったのでした。



実際にはこの内紛はもっとたくさんの人物の利害関係や因果関係とが複雑に絡み合っているのですが、



混沌としたそのすべてを覚える必要は全くありません。



父である良将の遺領をきっかけに平将門は叔父である平国香らと合戦を繰りかえし、最後には935年ついに国香を討ち取ることに成功した――



このことのみ覚えていただければよいでしょう。





2.「平将門の乱」に至るまでの経緯② 国府襲撃と関東支配



しかし、国香を殺害したものの、一族の争いはそこで終わりませんでした。



将門の叔父であった良兼や国香の息子の貞盛、さらには嵯峨源氏の源護なども巻きこまれていき、



この一連の内紛はどんどん泥沼化していくのです。



さらに将門は、その延長とも言える合戦にて、この一族とは全く関係のない地方官人たちの領地争いにも参画していくようになります。



もはやこの時期の関東地方において、朝廷の地方支配はもはやほとんど機能していなかったということもできるでしょう。



京都の朝廷がどうすることもできないまま、関東地方は大混沌に陥っていたのです。







そして939年11月、この一連の戦いの中で将門はついに常陸国の国府を襲撃してしまいます。



これまでの戦いはあくまで、平氏一族内での「私闘」という扱いでしたが、国の役所である国衙を攻撃し占領してしまったことは、



図らずとも将門が朝廷に対して反旗を翻してしまったことを意味します

</