•  

【年表付き!蝦夷征討完全まとめ】 蝦夷征討の過程は?そもそもなぜ行われた?【-前編-】

更新日:7月11日




さて、古代の日本史を学ぶ上で外せないテーマの一つに「蝦夷の征討」があります。



蝦夷とは、中央とは異なる生活や文化を持って東北地方を中心に集住した人々のことです。



そして彼らを異民族扱いしていた朝廷は、大化の改新直後から約200年にわたって蝦夷の征討事業を行い、東北地方支配の強化を行ってきました。



と、言葉でまとめれば簡単なような気もしますが、実は受験生にとって苦手となりがちで非常に差が付きやすいテーマです。



なぜなら、その征討の過程がかなり断続的なものであるからです。



〇〇天皇のときここまで征討が進み、その約半世紀後△△天皇のときにあそこまで征討が進み、、といったようになかなか一回では進まないのですね。



でもご安心ください。



蝦夷征討の過程は3段階あり、それぞれの段階の特徴をしっかり押さえれば非常に理解しやすいテーマへと変貌します!



今回は【蝦夷征討完全まとめ】と題しまして、前編と後編の2記事にわたり、蝦夷征討が行われた理由やその過程についてわかりやすくまとめて紹介したいと思います!



蝦夷の征討をまとめた授業ノート(PDF版)はコチラ!



目次

ー前編ー

1.蝦夷征討が行われた理由

2.蝦夷征討過程の3段階とは?俘囚と柵戸の違いは?

3.①大化改新直後!日本海側征討期

4.②奈良時代前半!東北経営開拓期

ー後編ー

5.③平安時代前半!太平洋側征討期

6.その後の東北地方

7.蝦夷征討の過程 【年表】 完全まとめ






1.蝦夷征討が行われた理由


蝦夷征討蝦夷征討と言いますが、そもそもこれがどういった思想のもと行われていたのでしょうか。



一つ目は、「政治的理由」です。



これについて、一言で述べるならば「日本が中華思想を導入していたから」ということになります。



中華思想を導入していた朝廷は、日本における異民族であった蝦夷を「夷狄」=すなわち徳化すべき野蛮な民族であると位置づけていました。



天子たる天皇の使命は当然、自らの「徳」を以て夷狄を教化し、彼らを文明に導いてあげることです。



だからこそ朝廷は、必死に抵抗を続ける蝦夷たちに対し、徹底した征討を続けたのでした。



(※詳しくは以下の記事をご覧ください。)


⇓⇓⇓ 中華思想についての詳細はこちら!

【日本も導入!】中華思想とは?周辺アジア諸国に与えた影響は?【番外編:天命思想と易姓革命】


次に、「経済的理由」です。



また、東北地方には豊かな土壌があり、その他にも金や鉄など大いに経済を潤すであろう鉱山資源が眠っていました。



朝廷はこの資源を狙っていたといいます。



すなわち、蝦夷を服属させることで東北地方の支配を強化し、これらの資源を確保を目指す――朝廷が蝦夷の征討を行ったのには、このような背景があったのでした。



2.蝦夷征討過程の3段階とは?俘囚と柵戸の違いは?


さて、ではここからは、蝦夷の征討がどのような過程で行われたのか、具体的に追っていきたいと思います。



蝦夷の征討は、おおまかに3段階へと分けられます。



まず、これらそれぞれの時期を個別に理解し、のちに一つの大きな流れとしてまとめていく。



これが、蝦夷の征討を学習していく上での大事なポイントです。



その3つの時期は以下の黒板の通りです。ご覧ください。





これを、さらに詳しくまとめると以下のようになります。



それぞれの時期の解説については、以降で詳しく紹介します!





その前に、蝦夷の征討を学ぶ上で頻出するワードである「俘囚」と「柵戸」との違いについて、まず解説します。



俘囚とは、朝廷に帰順した蝦夷のことです。



柵戸とは、東北経営のために関東地方などから東北地方に移住させられた農民のことを指しています。



この後朝廷は蝦夷の征討を進めていく過程で、東北地方へと支配地を広げていきますが、実際の東北地方の開拓や経営にあたったのは、この柵戸でした。



と、よく並列されることの多いこの単語ですが、このように意味を追っていくと、全く別個の概念であるということがお分かりいただけるかと思います。






3.①大化改新直後!日本海側征討期