•  

【寛平の治】宇多天皇と菅原道真の政治。親政を展開できたのはなぜ?遣唐使が廃止された背景・理由は?

更新日:2021年7月12日


(画像は宇多天皇)




さて、「阿衡の紛議」による藤原基経の示威行動によほど懲りたのか、891年に基経が没してからは、宇多天皇摂政関白を置くことなく自ら政治を行うようになりました。



平安時代3つ目の時期区分、【三天皇による治世の時期―宇多・醍醐・村上天皇による天皇親政のが到来です。



今回の記事で紹介するのは、宇多天皇によって行われた「寛平の治」についてです。



基経の死後、宇多天皇は摂政・関白を置くことなく、基経の子である時平と阿衡の紛議の際に基経をいさめた菅原道真らを登用し、自ら意欲的に親政を展開したといいます。



今回は、宇多天皇によって行われた「寛平の治」の全貌、さらにはな「遣唐使の廃止」について、その背景や理由とともに紹介していきたいと思います!



⇓⇓⇓当記事に該当するノートはこちら!

授業ノート(PDF版)【平安時代藤原摂関期の中断―三天皇による親政―】


⇓⇓⇓「寛平の治」に至るまで、基経の政治についてはコチラの記事から!

【基経の政治】阿衡の紛議はなぜ起こった?その背景・過程・歴史的意義は?【陽成・光孝・宇多天皇】



目次―

1.なぜ宇多天皇は親政を展開できた?

2.寛平の治で行われた政策まとめ

3.遣唐使の廃止について。なぜ道真は廃止の建議を行った?




 

1.なぜ宇多天皇は親政を展開できた?

 


なぜ基経の死後の宇多天皇は、摂政・関白を置くことなく親政を行うことができたのでしょう。



摂関政治のしくみについてしっかりと理解できていれば、この理由もすぐ納得できます。



光孝天皇、そしてその子供である宇多天皇は、もともと続いていた文徳清和陽成の系統の傍系であり、その即位自体が想定外なものであったため、藤原氏北家による外戚政策が追い付いていませんでした。



それゆえに、宇多天皇は藤原氏北家の外祖父を持たず、基経の死後はそもそも摂政・関白を設置させられる理由がなかったのです。 (光孝天皇と宇多天皇の時代に基経が関白に任命されたのは、あくまで光孝天皇の即位がイレギュラーであったことに起因するもので、外戚政策の賜物ではない。)



基経が没した時、基経の息子である時平はまだ21歳の若造でした。



そんな若造は宇多天皇にとってまだまだ恐るるに足らない存在であり、しかも自分の外祖父でもありません。



とはいえ、さすがに権力者である北家をないがしろにまではすることができず、時平を参議として登用してはいますが、その他にも阿衡の紛議の際に基経を諫めた菅原道真や、讃岐守として業績を上げていた藤原保則なども抜擢され、ともに登用されています。



宇多天皇は藤原氏北家という門閥に拘らない人材登用を始めたのです。



こうして、優秀な人材に囲まれた宇多天皇が自ら意欲的に政治改革を行っていく ‘‘寛平の治‘‘ が始まったのでした。(なお、宇多天皇が菅原道真を登用したのは、藤原氏北家の勢力を抑えるという意図があったとも言われています。)




 

2.寛平の治で行われた政策は?

 


さて、ここからは「寛平の治」で行われた具体的な政策について解説していきたいと思います。



寛平の治で行われた政策は、受験レベルでは以下のものを押さえておけばよいでしょう。

黒板をご覧ください。








滝口の武士とは、蔵人所の下で宮中の警衛にあたった警護部隊のことであり、治安が悪化しつつあったことを背景として設置された武士組織の一つでした。



滝口の武士には五位、六位の位を持つ武勇ある侍の中から、とくに弓矢に秀でた者が、試験を経たのち採用されたと言われています。



「滝口の~」というその名称の由来についてもお話ししましょう。



宮中内裏を形成する中心的な建物である「清涼殿」の周りには、御溝水と呼ばれる小さな水路のようなものがありました。



そして清涼殿の北東には、その水路のスタート地点があり、小さな滝から水が落ちてきて水路に流れるようになっていたようです。



滝のように水の落ちる様子から、そこら一帯は「滝口」と呼ばれていたそうですが、「滝口の武士」はこの付近を拠点に活動したことからこのような名称が付いたそうです。







日本三大実録』は、いわゆる ‘‘六国史‘‘ の最後にあたる書物です。



858~887年間、清和・陽成・光孝天皇の3代の天皇にわたる時代を記述した歴史書(国史)であり、宇多天皇によって命じられた菅原道真や藤原時平が中心となって編纂が行われたと言われています。



具体的な編纂開始年には諸説があり、さらに宇多天皇の譲位により編纂作業は一時中断されましたが、醍醐天皇が改めて編纂の勅命を発しついに901(延喜元)年に完成を迎えました。



また、『類聚国史』とは、これら六国史の記載を内容別に再度分類してまとめなおした歴史書であり、宇多天皇の命を受けた菅原道真によって892年に完成したと言われてます。







朝廷権威を復活させる手段の一つとして、宇多天皇は文化政策の振興も実施しました。



具体的には、平安時代初期に漢詩文が隆盛していたことにより停滞していた、日本独自の和歌を再興しようとしたのです。



菅原道真が中心となって勅撰和歌集の編纂が企画されたほか、宮中において大規模な歌合が数度開かれたといいます。



その結果、貴族たちの心の中に眠っていた詠歌の意欲が刺激されたのか、宇多天皇の次の醍醐天皇の時代である905年に『古今和歌集』が成立したり、その後も歌合が頻繁に催されるようになったといいます。



宇多天皇による文化政策の実施は、日本文化史にとっても大きな影響を及ぼしたのでした。





 

3.遣唐使の廃止について。なぜ道真は廃止の建議を行った?

 


さて、最後の章では「遣唐使の停止・廃止」について解説していきたいと思います。



遣唐使の廃止は、794年 菅原道真が建議を行ったことによって実現したのですが、そもそもなぜ菅原道真は遣唐使の廃止を訴えるに至ったのでしょうか。



キッカケは、道真が遣唐大使(遣唐使のリーダー)に選ばれてしまったことにありました。



838年以来、遣唐使は50年以上もの間派遣されていなかったのですが、唐から「久々に遣唐使を派遣してみないか?」という求めがあったらしく、それに応じる形で894年のとき、宇多天皇が主導となって久々に派遣計画が立てられたのです。



このとき、唐の漢詩文と歴史に優れた文章博士であった秀才・菅原道真が、遣唐使のリーダーに選ばれてしまったのでした。(道真を遣唐使にしようとしたのは、彼の存在を気に食わない時平らの陰謀だったともいわれています。)



古代において、遣唐使はエリートのみしかなることができず、唐へ渡ることは非常に名誉なことでした。



しかし、残念ながらもう時代が時代です。



周りの国々が唐へ憧れを抱くような時代は、とうに終わってしまっていたのです。



唐では、755~763年に「安史の乱(あんしのらん)」と呼ばれる反乱が発生したのですが、この反乱以降、唐はその権威を大きく下げてしまっていました。



さらに875年頃には「黄巣の乱(こうそうのらん)」と呼ばれる大規模な反乱も発生しており、このときには反乱を率いた黄巣という人物によって都である長安が陥落させられたほか、新たに「斉」という国が誕生してしまう革命まで勃発しています。



結局斉はわずか5年ほどで滅んでしまうものの、もはや唐の衰退は誰の目に見ても明らかだったのです。



そのような場所に遣唐使が、わざわざ航海の危険を冒してまで行く意味はあるのでしょうか



実際に日本はもうすでに唐の文化を吸収しきっており、もはや唐から学ぶことができることなんてもうほとんど残ってないはずです。



しかも、このころには民間レベルでも日本と唐の交流は盛んに行われており、わざわざ唐まで出向かなくても、唐の書物などを手に入れることができました。



この時代において遣唐使の派遣は、もはや高リスク・低リターンな投資となってしまっていたのです。



また、これまで遣唐使の留学費用は唐が負担してくれていたのですが、国内が大いに混乱している唐に、留学生の好待遇を期待することができるでしょうか。



危険を乗り越えて遣唐使として唐にわたったとしても、留学生としての生活はきっと苦しいものであるに違いありません。



道真が遣唐使の廃止の建議を行ったのはもちろん日本という国家を思ってのためでもあったでしょうが、正直なところ――これはあくまで推測ですけど――やっぱり道真自身、唐に行きたくはなかったでしょう。笑



道真は宇多天皇に対して遣唐使の中止を求める建議を行ったのには、このような背景があったのです。







では、具体的に道真はどのような理由を宇多天皇に述べたのか、確認していきましょう。



出典は道真の詩文集である『菅家文草』です。



ここに、道真が遣唐使の廃止を求めた根拠がつらつらと述べられています。



黒板をご覧ください。





以上が、道真が遣唐使の廃止を求めた根拠および遣唐使が廃止された背景・理由です。



まず、先ほど述べた通りですが、一つ目には【唐の衰退】が挙げられます。



618年に成立した当初、大国の威厳をもって冊封体制を実施していたことからもわかるように、唐は日本を含めた周辺諸国に優越する存在でありました。



しかし、先ほど述べた安史の乱や黄巣の乱から見て分かるように唐の勢力や威厳はもう平安時代初期頃までには既に大きく低下しており、かつての強国の姿はもはや見る影もありません。



そのように滅びつつあるような国に、危険を冒してまで遣唐使を派遣する意味はあるでしょうか。



なお、実際に道真の指摘通り、道真が建議を行ってから十年余り後、907年に唐は滅亡してしまいます。



道真の意見が正しかったことが結果的に証明されたのです。







2つ目には、【唐の文化の十分な吸収】が挙げられます。




もはや日本は唐の文化を十分吸収しきっており、もはや唐から学ぶことなんてないと道真は述べているのです。




さらに、もうこのときには、唐の商船が頻繁に日本に来航するようになるなど、民間レベルでの交流は盛んに行われていました



その商船を通して唐の書物や文化も持ち込まれることがあったため、わざわざ遣唐使を派遣してまで唐に学びに行く必要はもうないのではないか――道真はそう判断したのでした。







3つ目の理由には【航海の危険】です。



この時代にはすでにある程度の航海・造船技術があったといっても、やはりその安全性や耐性は十分なものではなく、航海には常に危険が付きものでした。



遣唐使はたいていの場合4隻から成る巨大な船団から構成されていたのですが、嵐に遭って難破するなどアクシデントがしょっちゅうあったため、全ての舟が無傷で生還することは稀であったと言われています。



例えば、第2回遣唐使が派遣された際にも大規模な遭難が発生し、241人中5人しか生存者がいなかったという惨事も発生しています。



たとえ遭難しなかったとしても、途中で盗賊(海賊)に遭い、国家的財産や有能な人材が失われることもあったそうです。



遣唐使の役割は命がけであったのですね。



リスクを冒してまで遣唐使を派遣し、国家にとって必要不可欠である有能な人材を喪失したくない。



これももっともな理由ですね。







最後には少々発展的な内容ですが、【朝廷の財政難】も理由として挙げられます。



遣唐使たちの唐での滞在費用は唐から支給されることもあったようですが、舟の製造費や遣唐使の派遣費そのものなどは、朝廷の金庫から捻出されたといいます。



この記事では詳しく述べませんが、奈良時代の後半よりずっと、朝廷の財政は慢性的な悪化状態が続いていました。



深刻な財政難の中コストカットを図りたい朝廷にとって、正直なところ莫大な費用の掛かる遣唐使の派遣なんてやっている場合ではなかったでしょう。



この背景は『菅家文草』にて記載されているものではありませんが、これも当然理由の一つとなります。







以上、これまでに述べてきた理由をまとめると、結局、【わざわざリスクを冒してまで遣唐使を派遣するだけのメリットがない】という大きな軸に帰着できます。



高リスク低リターンの投資はするべきではない。



道真はそのように考え、廃止の建議を申し立てのでした。



宇多天皇は道真の建議を受け入れ、結局894年に派遣される予定だった遣唐使の派遣をしないことに決定し、そして遣唐使の停止を宣言するのです。



そしてそこから十数年後の908年、唐が滅亡を迎えてしまったため、宇多天皇のこの宣言は、遣唐使の事実上の廃止であると言い換えることもできるでしょう。




 
いかがでしたか?


今回は宇多天皇の親政である「寛平の治」について述べてきました。



遣唐使の廃止の例からもわかるように、宇多天皇は菅原道真の意見をよく尊重し彼を重く用いたといいますが、その過度の信任が結果的に、道真を妬んだ藤原氏北家による道真の左遷へと繋がってしまうのです。




関連記事


【基経の政治】阿衡の紛議はなぜ起こった?その背景・過程・歴史的意義は?【陽成・光孝・宇多天皇】

【論述対策】藤原氏北家が台頭・発展できたのはなぜか?その策略は?契機は?

【理由・仕組みを解説!】なぜ藤原氏は外戚政策を行うことで摂政・関白となれたのか?【ポイントは‘‘妻問婚‘‘】【サザエさんで考えろ!?】






0件のコメント
サイト内の語句検索はコチラから
サイト内の語句検索はコチラから