•  

【官物・臨時雑役とは?】租税賦課方式の一大転換と国司の変容&‘‘売官売位‘‘の風潮【論述対策】

更新日:2019年11月29日





さて、これまでずっと見てきたように、奈良時代の律令政府は農民たちに対してあまりに重すぎる負担をかけてしまったがために、



農民たちの間で偽籍、浮浪・逃亡などの納税忌避手段が一般化し、朝廷は戸籍・計帳に基づいた人民支配が困難になってしまいました



そしてそれ以降、公地公民制を基本理念とする律令制は徐々に弛緩していきます。



もちろん朝廷もただ指をくわえてその崩壊を見つめていたわけではなく、例えば桓武天皇や醍醐天皇のように、



深刻な状況を打開すべく、果敢に改革を行った人物もいました。



しかしそれでも結局、朝廷にも律令制の瓦解を食い止めることはできず、平安時代の半ば頃、



10世紀の前半~半ば頃において、朝廷は自ら、律令制を放棄する道を選ぶのです。



具体的には、徐々に深刻化していた朝廷の財政難を食い止めるべく、公地公民制を基本理念とする律令制に基づいた徴税方式を捨て、



全く新たな徴税方式を採用し、こうして税制の一大転換が行われたのでした。



⇓⇓⇓詳しい内容の記事はコチラから!

【論述対策】平安時代における律令制の弛緩&崩壊に対する朝廷の対応【桓武天皇の改革・直営田の設置・醍醐天皇の改革】







さて、今回のテーマは平安時代のちょうど半ばごろに差し掛かろうかという時期に行われた【徴税方式の一大転換】です!



奈良時代より続いてきた、日本古代の土地制度・税制度の集大成となるテーマですね。



論述でも頻出のものですので、ここでもう一度しっかりとまとめなおしましょう!



⇓⇓⇓当該する授業ノートはコチラから!

授業ノート(PDF版)【平安時代⑥ 律令体制の崩壊と徴税方式の転換】




目次―

1.人頭課税⇒土地課税という租税賦課方式の一大転換

2.「名(名田)」「田堵」「負名」「官物」「臨時雑役」とは?

3.国司の変容

4.国司の利権化と‘‘売官売位‘‘の風潮

5.国司の形態と農民との対立







1.人頭課税⇒土地課税という租税賦課方式の一大転換



さて、それではどうして、朝廷は租税賦課の方式を転換させる必要があったのでしょうか。



その理由はごく単純です。



朝廷が財政難に陥ることとなってしまった背景を見ていけば、その答えは簡単に見えてきます。



偽籍、浮浪・逃亡が増加したために、朝廷は戸籍・計帳に基づいた人民把握ができなくなってしまっていたのでしたね。



また、これは同時に、課口(=課丁ともいう。調や庸を納める人々のこと。)の把握が困難となってしまったことを意味しています。



そしてそれ故に、中央財源となる調の収入が少なくなってしまったため、朝廷は深刻な財政難に陥ってしまっていたのです。







調や庸というのはもちろん、戸籍・計帳に基づいた人頭税の一つです。



言ってみれば「個人」を単位とする徴税方式であったわけですね(こういうのを個別人身単位に基づいた徴税方式と呼ぶこともあります)。



これまで繰り返し述べてきたように、偽籍、浮浪・逃亡が一般化してしまったことにより、もはや戸籍・計帳は意味のないものとなってしまっていたわけです。



このことから、「個人」を単位とする人頭税という租税賦課方式では、もはや朝廷は収入を確保できない。



そのように考えたために、朝廷は租税賦課方式を一大転換させる決心をしたのでした。



そして930年代――朱雀天皇藤原忠平摂関期の頃です。



人頭税という租税賦課方式に代わり、新たに【土地賦課方式】と呼ばれる方式が採用されました。



それまで「個人」を単位にしていた租税賦課が、土地の面積に応じたものへと転換されたのです。



土地に対して課税するという原則のもとでは、ある意味では田地の存在さえ把握していれば、



そこを実質的に経営している農民に対して、その面積に応じて徴税することが十分可能である――



租税賦課方式転換の裏にはこのような考え方があったのですね。





2.「名(名田)」「田堵」「負名」「官物」「臨時雑役」とは?


さて、それでは具体的にどのように租税賦課方式は転換されたのでしょうか。



歴史的語句の解説とともに説明していきましょう。



まず、土地に課税をするにあたって、「名(名田)」と「田堵(たと)」と呼ばれる概念が登場します。



「名(名田)」とは、租税賦課方式の転換の際に新たに登場した徴税単位のことです。



「田堵」とは、実際にこれら名(名田)を耕作した有力農民たちのことを言います。