•  

【安和の変】藤原氏最後の他氏排斥事件!なぜ源高明は排斥されたのか?源満仲はなぜ藤原氏側についたのか?【徹底解説】

△画像は、左が源満仲。右が藤原実頼



平安時代も半ば頃になると、律令制の崩壊はさらに加速していき、もはやかつてのように天皇が日本のトップに君臨し、



その影響力が全国各地に及ぶといったような時代は終わりを迎えました。



ここから、日本という国の在り方が、大きく転換されようとする時代が訪れます。



平安時代4つ目の時期区分、【藤原摂関家全盛の時期―藤原道長・頼通の活躍する太平の時期―】の到来です。



「平安時代」と聞いたときに我々が真っ先に思い浮かべるような、色とりどりの装束に身をまとった貴族たちが太平の世を謳歌する穏やかな期間。



藤原摂関家が大いに活躍した ‘‘The 平安時代‘‘ とも呼ぶべき時期でございますね。



今回は、藤原氏こそがNO.1なのだという時代を創り上げる上で最後の仕上げとなった歴史的事件、



藤原氏による最後の他氏排斥運動として有名な「安和の変について、その過程や歴史的意義について解説していきたいと思います!




⇓⇓⇓当講義の該当ノートはコチラ!

授業ノート(PDF版)【平安時代⑨ 摂関政治の全盛―藤原道長と頼通―】



目次―

1.「安和の変」とは?概要を簡単に解説!

2.「安和の変」が起こった背景は?なぜ源高明は排斥された?

3.「安和の変」の経緯を解説!

4.論述対策!「安和の変」の歴史的意義は?







1.「安和の変」とは?概要を簡単に解説!



教科書的に述べてしまえば、「安和の変」の概要は非常に単純なものです。



「安和の変」とは969年冷泉天皇ー関白藤原実頼のときに発生した、藤原氏による他氏排斥事件のことであり、



左大臣であった源高明(みなもとのたかあきら)という人物が、



藤原北家と通じていたとされる源満仲(みなもとのみつなか)の讒言によって大宰権帥に左遷されたというものでした。



同事件は藤原氏による最後の他氏排斥運動として数えられますが、それでは藤原氏はなぜ、この源高明を排斥したかったのでしょうか。



さらに言ってしまえば、左遷させられた源高明と左遷させた側の源満仲は、どちらも「源氏」であるのに、



どうして満仲は藤原氏の側と手を組んだのでしょうか。



その詳しい理由と事件の背景を追っていきます。





2.「安和の変」が起こった背景は?なぜ源高明は排斥された?



「安和の変」が発生してしまった理由を探るためには、まず源高明の生い立ちについて理解をしていく必要があります。



彼のお父さんは、あの醍醐天皇です。



醍醐天皇の第10皇子として産まれた彼は、7歳の時に臣籍降下をし、醍醐天皇から「源氏」の姓を賜ります。



すなわち源高明は、いわゆる ‘‘醍醐源氏‘‘ と呼ばれる醍醐天皇を祖とする源氏の系統だったのです。



もともと天皇家の出身であった彼は、朝議に明るかっただけでなく、学問にも非常に優れた人物でした。



このことから彼は、参議、中納言、大納言、右大臣・・・と順調にキャリアを積んでいき、次第に朝廷で重く用いられるようになっていったといいます。



968年、冷泉天皇が即位したタイミングで、高明は左大臣に任命されました。



その実力と周りからの信頼・後援を以て、高明はついに太政官の実質的な最上位まで上り詰めたのです。







しかし、このころから、高明と藤原氏との関係がきな臭くなっていきます。



理由は冷泉天皇の後継問題でした。



冷泉天皇にはなかなか皇子が生まれず、さらに病弱であったために、早急に次期天皇=皇太子を定める必要がありました。



ここで次期天皇=皇太弟の候補とされたのが、冷泉天皇の同母弟にあたる為平親王守平親王という人物なのですが(父は全員村上天皇)、



この為平親王は、源高明の娘と村上天皇との間に生まれた子供だっといいます。



そう、つまり源高明は為平親王の外祖父にあたっているのです。



すなわち、もし為平親王が天皇として即位した場合、図らずとも源高明は外戚として摂関政治を行える立場にあったのでした。



外戚政策によって台頭し、政治の実権を握ってきた藤原氏にとって、これが驚異であったことは想像に難くありません。



⇓⇓⇓ここの説明がいまいちピンと来ない方はぜひ以下の記事をご覧ください!

【理由・仕組みを解説!】なぜ藤原氏は外戚政策を行うことで摂政・関白となれたのか?【ポイントは‘‘妻問婚‘‘】【サザエさんで考えろ!?】