•  

【天暦の治】村上天皇の親政を解説!皇朝十二銭はなぜ12回も作られたの?【乾元大宝】




今回の記事のテーマは、村上天皇「天暦の治」です!



9世紀後半から10世紀半ばにかけての藤原摂関政治の一時的な中断期には、



これまで述べてきたような宇多天皇の「寛平の治」や醍醐天皇の「延喜の治」といったように、



天皇による親政が数世代にわたって行われてきました。



今回は、藤原摂関政治の中断期の最後の時代である、村上天皇の「天暦の治」について解説していきます!



正直村上天皇の治世で行われた出来事の中で、入試で問われるようなものはほとんどないです。



村上天皇といったらコレが問われる!といったように、問題の出され方も決まっているので、



そういった点をきちんと押さえていただけたらなと思います!



⇓⇓⇓当記事に該当するノートはコチラ!

授業ノート(PDF版)【平安時代⑤ 藤原摂関期の中断ー三天皇による親政-】




目次―

1.「天暦の治」の入試で問われるポイント『乾元大宝』

2.皇朝十二銭(本朝十二銭)はなぜ次々と発行されたのか?

3.文化人であった村上天皇








1.「天暦の治」の入試で問われるポイント!



村上天皇が牽引した「天暦の治」。



宇多天皇の「寛平の治」や醍醐天皇の「延喜の治」では覚えるべきことが多々ありましたが、



「天暦の治」で絶対に押さえるべきポイントはただ一つ。



村上天皇の治世における958年、‘‘皇朝十二銭(本朝十二銭)‘‘ の最後となる『乾元大宝』が鋳造された、



ただこれだけです。



そもそも ‘‘皇朝十二銭(本朝十二銭)‘‘ とは何だったか、覚えていらっしゃいますでしょうか。



皇朝十二銭(本朝十二銭)とは、古代の日本で発行された12種類の貨幣の総称のことです。



708年、元明天皇のときに鋳造された『和同開珎』が、この十二銭の一番最初と言われています。



名前も発行された年号も全く覚える必要はありませんが、『和同開珎』ののち10種類の貨幣が順番に発行され、



958年村上天皇のときに、最後の一つの皇朝十二銭(本朝十二銭)となる『乾元大宝』が鋳造されたのでした。



参考程度に、十二銭の名前と発行された年を載せておきます(最初と最後以外覚える必要は全くありません。)



・「和同開珎708年和銅元年

・「万年通宝」 760年天平宝字4年)

・「神功開宝」 765年(天平神護元年)

・「隆平永宝」 796年(延暦15年)

・「富寿神宝」 818年(弘仁9年)

・「承和昌宝」 835年(承和2年)

・「長年大宝」 848年(嘉祥元年)

・「饒益神宝」 859年(貞観元年)

・「貞観永宝」 870年(貞観12年)

・「寛平大宝」 890年(寛平2年)

・「延喜通宝」 907年(延喜7年)

・「乾元大宝958年(天徳2年)






2.皇朝十二銭(本朝十二銭)はなぜ次々と発行されたのか?



なぜ皇朝十二銭(本朝十二銭)はこんなにも次々と発行されたのでしょう。



朝廷によってこれら貨幣が発行された理由として、唐に倣った貨幣制度を日本でも整えたかったという意図はもちろんありましたが、



それ以上に、朝廷における財政的利益を得る狙いが大きかったのではないかと言われています。



というのも、朝廷は貨幣を発行するごとに、新貨幣を旧貨幣の10倍の価値を持ったものとして流通させようとしていたからです。



新貨幣に旧貨幣の10倍もの高い価値を付け、朝廷自らそれを支払い手段として用いることによって、経済的な利益を得ようとしていたものだと思われます。


そのために、幾度となく貨幣の発行・価値の更新が行われたのです。



しかし、その法定価値の妥当性には全く根拠はなく、むしろ改鋳の回数を重ねるごとに貨幣の品質は低下していっていました。



そのため、朝廷によって一方的に定められた新貨幣の法定価値が実質的に維持されるのは非常に困難なことであり、



結果的に、繰り返された貨幣鋳造は実質的な貨幣価値の下落=インフレーションと私鋳銭の横行を招いてしまいました



このことから、これら十二銭は流通と交易の場面から忌避されるようになり、日本国内での流通範囲は機内やその周辺地域に限られたと言われています。







それぞれの貨幣が発行された西暦を見てみると、例えば最も短い『万宝通宝』はたった5年間で鋳造が終わっています。



これは極端な例ですが、そうでなくても十数年ほどで貨幣価値がどんどん更新されていってしまっていることがお分かりいただけるかと思います。


<