•  

【基経の政治】阿衡の紛議はなぜ起こった?その背景・過程・歴史的意義は?【陽成・光孝・宇多天皇】

更新日:7月12日



(画像は左から、陽成天皇・光孝天皇・宇多天皇・藤原基経)




さて、応天門の変の混乱の中で清和天皇の摂政となることに成功した藤原良房は、同天皇のもと法制の整備にも力を入れて『貞観格式』を完成させるなどしています。



『貞観格式』は、嵯峨天皇の時代の『弘仁格式』・醍醐天皇の時代の『延喜格式』と並んで”日本三大格式”とされているもので、センターでも頻出の超大事な歴史的固有名詞です。



⇓⇓⇓『弘仁格式』や「格」「式」についての復習はコチラから!

【論述対策】嵯峨天皇の諸政策について解説!検非違使とは?その役割や権限の変遷は?【検非違使】



藤原氏北家の発展に尽くした良房が亡くなったのは、応天門の変から7年後の872年のことでした。



そして、良房の死後、その跡を継いだのが良房の養子基経です。



今回の記事の紹介範囲はここから。



今回の記事では、基経のもとで即位した陽成光孝宇多天皇という3人の天皇と基経との関係性に焦点を当てるとともに、



基経に関する歴史的事項として最も有名な「阿衡の紛議」に関して、過程やその歴史的意義についても織り交ぜながら紹介していきます!



⇓⇓⇓この講義の当該ノートはコチラから!

授業ノート(pdf版)【平安時代④ 藤原氏北家の台頭と摂関政治の始まり】



目次―

1.陽成天皇と藤原基経

2.光孝天皇と藤原基経

3.宇多天皇と藤原基経

4.「阿衡の紛議」の発生!その過程は?

5.阿衡の紛議の歴史的意義は?






1.陽成天皇と藤原基経


清和天皇の治世は、実質的に良房によって支配されていたので、もしかすると天皇自身それに嫌気がさしてしまったのかもしれません。



結局877年、清和天皇は27歳という若さで、自分の息子であった貞明親王(基経の義理の妹である高子と清和天皇の間に生まれた皇子)に位を譲ってしまいます。



こうして即位したのが、陽成天皇でした。



彼が即位したときの年齢は9歳。



父である清和天皇が即位したときと同じ年齢ですね。



父である清和天皇に引き続き、再び幼帝が登場したのでした。



しかし、いくら天皇であるといってもわずか9歳。



現代で言えば小学3年生にあたる年齢ですので、当然のことながらまだ政治を行う能力はなく、叔父であった藤原基経が摂政として代わりに政務を行いました。



良房―清和天皇と同じような関係性で、朝廷政治が進められていったのです。







始めこそ陽成天皇と基経の関係は良好であったようです。



しかしながら清和上皇が崩御した後、陽成天皇が元服を迎えた頃から彼らの関係性は徐々に悪化し、やがて基経は出仕を拒否するようにまでなってしまったといいます。



歴史的に大きな偉業を成し遂げたわけでもなく、教科書に登場することも少ない陽成天皇ですが、実は平安時代きっての暴君として悪名高く、幼少の頃から素行が非常に乱暴であったと言われています。



そして、883年のある時、とんでもない事件が発生します。



宮中で陽成天皇が犯人とみられる殺人事件が発生してしまったのです。



この事件をキッカケに、基経は乱行が絶えないこの陽成天皇を、天皇としての器に欠けるという理由で廃してしまうことに成功したのでした。(表向きには、病の発症による陽成天皇の自発的譲位)



藤原氏北家の権力が、もはや天皇のそれをはるかに上回るようになってしまっていたことが、この事変からもお分かりいただけるかと思われます。



桓武天皇や嵯峨天皇の時代とは、「天皇」という存在の意味合いや在り方が、もはや全く異なったものになってしまっているのです。




2.光孝天皇と藤原基経



乱行が絶えなかった陽成天皇が廃された後、基経によって新たに立てられたのが光孝天皇でした。



光孝天皇が即位したのは55歳の時です。



平安時代の平均寿命は、貴族であっても男性は33歳・女性は27歳程度であったと言われていますので(貴族といえども栄養失調や伝染病などで、長寿を全うできる人が少なかった)、55歳という年齢の光孝天皇は当時としてかなり高齢であったことがお分かりかと思います。



清和・陽成天皇のときとはうって代わった老帝の登場です。



さて、ここで下の系図をご覧ください。






系図から分かるように、天皇家は文徳清和陽成というふうに続いてきたわけです。



傍系である光孝天皇は、通常であったならばまず天皇にはなり得ない存在でした。



また、光孝天皇は、その親王時代には苦しく不遇な生活を送っていたとも言われています。